振り袖を買おうか・レンタルするか迷っている方へ。

なかなか着る機会がない振り袖だからこそ、自分にとってベストな方法を知りたい!

本記事では、実際に振り袖を選んだ時の私の体験談をお伝えいたします。

 

振り袖は買う?レンタル?メリット・デメリットを徹底比較

料金と使う回数で検討をしてみる

まずは振袖を購入した場合とレンタルした場合のお値段で比較してみましょう。
振袖を購入した場合、平均の金額は20万~30万とだいぶ開きがあるようです。
私は成人を迎えるにあたり振袖を買ったのですが、必要なものをすべて揃え25万程かかりました。

一方、レンタルした場合はどうでしょうか?
振袖・帯あげ・半衿・バッグ・ショールといった着付けに必要なアイテムがセットになっているプランを選択した場合、安いところでは約4万円程でレンタルができるようです。

成人式は一生に一度きりですから、1回だけ着ることを想定した場合はレンタルしたほうがお得です。
しかし振袖を数回着ると考えてみた場合、どちらがいいとは一概に言えません。
振袖をレンタルした場合・購入をした場合を詳しく見ていきましょう。

 

振袖をレンタルした場合
メリット・デメリット

・振袖をレンタルした場合のメリット
やはりレンタルをする場合のメリットは、振袖にかける値段を抑えられることでしょう。
特に振袖へ憧れがない女の子だったら振袖に使う分のお金を、別のところにまわせます。
振袖をレンタルする場合は、メンテナンスをしなくて良いのも大きな魅力ですね。

・振袖をレンタルした場合のデメリット
では、振袖をレンタルした場合のデメリットは何があるのでしょうか?
一見、選び放題の振袖レンタルですがシーズンになれば予約が殺到します。
せっかくお気に入りの振袖を見つけたのに、先に予約が入っていたから
気になる振袖が借りれなかった…ということも発生しかねません。

また、成人式の写真を前撮りしたい場合も注意が必要です。
ヘアサロンと振袖レンタル先のスケジュール調整がうまく行かず
前撮りの写真がとれなかった…という事態も考えられます。
そのためにも、早めの行動を心がけましょう。

 

振袖を買った場合
メリット・デメリット

・振袖を購入した場合のメリット
”振袖が思い出になる”購入した場合の最大のメリットではないでしょうか。
私は、レンタルを考えていたのですが母親のすすめもあって振袖を購入しました。

「買ってよかった」と一番に思ったのは実は成人式ではなく、結婚のとき。
成人式で着た振袖を、結婚式の前撮りで着ることにしたんです。
20歳の頃とは違った着方をすることが出来て大満足でした。

・振袖を購入した場合のデメリット
実際に購入した私だから言えることなのですが、想定外のことが多いのです。
「親戚の結婚披露宴で振袖を着ようかな」と何度か思ったのですが、
ほとんどあきらめています。
・ 結婚式場が自宅から遠い距離にあると、慣れない振袖では疲れてしまう
・ 生理が重なるとお手洗いが心配
という理由が主でした。

 

姉妹で着るから振袖を買う!というセレクトは要注意。

「姉妹の場合、振袖を購入したほうがお得」という意見もありますが、
個人的には少し考えてみてほしいなと思うのです。

というのも、姉と妹の間で身長や好みが違うケースが非常にやっかいです。
姉妹で身長に差がある場合は、振袖の丈が少し気になってしまいますし
色の好みやテイストが姉妹で違う場合には、どちらかが妥協しなければなりません。

”一生に一度きりの成人の日なのに、自分は好きじゃない振り袖を着る”
…想像してみたら、なんだか暗い気持ちになってきませんか?

それならば、後悔しないようにお互いに好きな振袖をレンタルしたほうが良いと思うのです。
姉妹で共通の振袖を着ることを考えている場合、ご家族でぜひ相談してほしいなと思います。

 

最後に

振袖をレンタルしたほうがいいのか、購入したほうが良いのか…
やはり一概には言えません。
よって、あらゆることを考えてみましょう。
そうすることにより、適している答えが出てくると思います。

振袖をレンタルする場合・買う場合どちらにも大切になってくるのは、スケジュールの調整です。
筆者は成人年には既に社会人として働いていましたが、シフト制で働いていたので日程の調整が困りました。
早め早めに手を売っておいたほうが自分も楽ですし、良い振袖を選ぶことが出来ますよ。

以上、
振り袖は買う?レンタル?メリット・デメリットで比較してみる
でした。最後までお読みいただきありがとうございました。