多くの人が億万長者を夢見て購入する宝くじ。

日本国内の最大当選金額は10億2円となっていますが海外では想像もつかない当選金額の宝くじが存在します。

本記事では当選金額の高い海外宝くじを5つご紹介します。

 

当選金額が桁違いな海外の宝くじ5選

宝くじ1.
ユーロミリオンズ:ヨーロッパ

フランス発祥のユーロミリオンズ(EuroMillions)は現在以下の9カ国で発売されている人気の高い宝くじです。

  • フランス
  • イギリス
  • オーストリア
  • ベルギー
  • アイルランド
  • ポルトガル
  • スペイン
  • スイス
  • ルクセンブルク

数字選択式、日本でいう「ロト7」のような宝くじで、

  • 1~50の中から5つ(メイン・ナンバー)
  • 1~12の中から2つ(ラッキースター・ナンバー)

合計7つの数字を選びます。

当選者がいなければ次回以降にキャリーオーバーとなるため、キャリーオーバーが続くと当選金が非常に高額になります。
2012年には1億4800万ポンド(約184億円)の当選金をイギリス人夫婦が受け取ったとのこと。

また、「スーパーユーロミリオンズ」というタイプもあります。
スーパーユーロミリオンズは当選者がいない場合、キャリーオーバーとなるのではなく、近い数字を選んだ当選者同士で山分けするタイプです。

金額は減りますが、当選確率はこちらの方が高いですね。

 

宝くじ2.
スーパーエナロット:イタリア

「エナロット」として1950年頃から発売されていた宝くじが1997年にリニューアルされた宝くじがこのスーパーエナロット(SuperEnalotto)です。

エナロットは地域ごとに当選番号を決める数字選択式の宝くじです。

「今回のミラノでの当選番号はこの6つ」
「ローマではこの6つ」という形です。

購入者は買う時点でどの地域の宝くじを買うか選択する必要があります。

スーパーエナロットは、このエナロットの地域のうち

  • バーリ
  • フローレンス
  • ミラノ
  • ナポリ
  • パレルモ
  • ローマ

以上の6都市の当選番号でそれぞれ最初に出た番号をすべて当てるというものですが、同じ番号が出る可能性もゼロではなく、当選するのは非常に難しかったようです。

そのため、2009年に仕組みが再度リニューアルされ、各都市の抽選とは無関係に1~90の中から7つだけ数字を選ぶだけのシンプルなくじになりました。

このスーパーエナロットでもキャリーオーバーが発生し、2009年8月にはイタリア・トスカーナ地方の人が1億4780万ユーロ(約198億円)を手に入れたとのことです。

 

宝くじ3.
エル・ゴルド:スペイン

クリスマスの時期にスペイン人が盛り上がるのがエル・ゴルド(El Gordo)という宝くじです。
数字選択式ではなく、すでに番号が書かれたくじを購入するというもの。

これだけ聞くと日本の年末ジャンボ宝くじと似ているな…と思うかもしれませんが、エル・ゴルトと日本の宝くじの大きなちがいは「同じ番号の宝くじが最大で1800枚ほど販売される」という点です。

「1等賞金720億円!」となっていても、その金額を同じ数字のくじを持っている人で等分する必要があるので、1枚1枚の当選金額は前述のユーロミリオンズやパワーボール等ほど高くありません。

しかし同じ番号のくじを「10枚綴り」で購入することが出来るので、

・1つの番号に対して10口分の当選金を受け取れる可能性がある
・友人や仲間内で同じ番号を共同購入することで連帯感が生まれる

などのメリットがあるようです。

 

宝くじ4.
メガ・ミリオンズ:アメリカ

パワーボールと同じく数字選択式のくじ。

・1~56の中から5つ(ホワイトボール)
・1~46の中から1つ(メガボール)

を選びます。

パワーボールと同様、アメリカ全土で購入できるわけではありません。アラバマ州、アラスカ州、ハワイ州、ミシシッピ州、ネバダ州、ユタ州を除く44州およびコロンビア特別区、アメリカ領ヴァージン諸島での購入が可能です。

2007年にはジョージア州の運転手が3億9000万ドル(約450億)に当選。

2012年12月には賞金が6億4800万ドルにのぼり、結果2名が当選して等分したとのこと。
このうちの1人はジョージア州に住む女性で、たまたま1ドルで1枚だけ購入したものが当選したというから驚きです。

 

宝くじ5.
パワーボール:アメリカ

アメリカで発売されている数字選択式のパワーボール(Powerball)。
他の数字選択式とほぼ同じシステムで、

・1~69の中から5つ(ホワイトボール)
・1~26の中から1つ(パワーボール)

を選びます。アメリカ全土で購入できるわけではなく

  • アラバマ州
  • アラスカ州
  • ハワイ州
  • ミシシッピ州
  • ネバダ州
  • ユタ州

以上の州を除く44州、および以下の地域で購入が可能です。

  • アメリカ領ヴァージン諸島
  • プエルトリコ
  • コロンビア特別区

2013年には5億9000万ドル(約600億円)の当選者が出たとのこと。

また2016年1月には一等賞金が15億8600万ドル(約1826億円)にものぼり話題になりました。
この時は当選者が3名出たため3等分したそうですが、それでも1人600億円以上…想像を遙かに超えますね。

ちなみに2016年11月現在ではこの15億8600万ドルが史上最高当選金額となっています。

 

最後に

・海外の高額宝くじは数字選択式が主流
・キャリーオーバーの額も日本とは桁違い
・スペインには同じ番号が記載された「宝くじ」もある

海外の宝くじは日本のものと違って金額も桁違いなら購入方法も様々ですね。

日本国内にいながらにして海外の宝くじを購入することは違法です。
ですが海外旅行のとき、もしくは海外に居住することになったときなどは是非購入てみてはいかがですか?

 

以上
当選金が桁違いな海外の宝くじ5選
でした。最後までお読みいただきありがとうございました。