ジャグラーシリーズで勝つための4つのポイントパチスロにおいて年齢層に関係なく幅広く人気のあるジャグラーシリーズ。

人気の理由はいくつか考えられます。
 ・シンプルなゲーム性とGOGO!ランプの適度な癒やし
 ・比較的に設定に素直であること
 ・中間設定以上を使うホールが多いこと
 ・AT・ART機に比べて甘いイメージ
などなどが考えられます。

しかし最後の理由にあげた甘いイメージというのはあくまでもイメージです。
勝つためのポイントを知らないとむしろ負けやすい機種とも考えられます。ジャグラーのようなボーナスのみで出玉を増やすAタイプでは、AT・ART機のいわゆる誤爆・事故による大量出玉が無いため、高設定では安定して勝てると言われます。しかしそれは低設定であれば安定して負けるということです。負けることを恐れ「とりあえずジャグラー(Aタイプ)」という選択は、負けやすい道を選んでいることを認識しなくてはいけません。

多くの人が大好きなジャグラー、勝つためのポイントを知っておくことで、より楽しくそして勝てるようになります。

それでは4つのポイントをご紹介します。

 

ジャグラーシリーズで勝つ為に大切な4つのポイント

 

【ジャグラーシリーズで勝つための4つのポイント①】
ブドウ確率の重要性を理解する

ジャグラーのブドウ確率に設定差があることは多くの方がご存知だと思います。ブドウ確率に差があると皆知っているのにカウントする人としない人がいるのはなぜでしょうか?単純に面倒だという人が多いかもしれません。もう一つ考えられるのはブドウをカウントしても意味が無いと感じた経験があるからだと思っています。

 ・ブドウ確率がいいのにボーナスがついてこなくて負けてしまった。
 ・ブドウ確率は悪いが設定6以上の確率でボーナスが引けて大勝ちした

こんな経験が何度もあるとブドウをカウントしても意味がないと思うのは分からなくはありません。
しかしこれは結果論であり、数えない理由にはなりません。安定して勝つためにカウントしたほうがいい理由があります。実はブドウをカウントしたほうがいい理由は設定推測のためだけではありません。

アイムジャグラーEXを例に解説します。
アイムジャグラーEXを9000回転回した場合のブドウは1386個~1456個と70個の差になり、枚数だと490枚の差になります。

機械割は設定1~6で96.9%~106.6%で設定6であれば9000回転で1782枚プラスになる計算です。
この差枚にはブドウの差も含まれ、差枚の27.5%、機械割の約2%分はブドウの差によって構成されているということになります。

これは大きな影響です。ブドウ確率が設定6の確率で引けていれば設定2のボーナス確率であっても機械割はプラス。逆にブドウが引けていないと設定6でも機械割は104%程度に落ち込みます。

ボーナスで設定を判別するのは難しいのでブドウ確率を見ながら押し引きすることになるのですが、ここで大切なことはブドウ確率さえよければ設定2からプラスになるということを理解しておきましょう。

 

【ジャグラーで勝てるようになる4つのポイント②】
ブドウ確率を軸に押し引きする

ブドウ確率がいいのであればしばらく打ち続けます。そうすると高設定に座れる可能性が上がるのはもちろんのこと、たとえ低設定であっても、期待値の高い台を打っていることになり勝てる可能性が高い状況になります。パチンコでよく回る台を打っているのと同じ考え方です。

逆にボーナス確率が良くてもブドウが悪い場合、実は低設定でその後ボーナスが引けなってしまう可能性が高いですし、たとえ高設定でもその機械割を最大限活かせていない状況、中間設定だとしても機械割はマイナスになります。リスク回避も含めて考えれば辞めるのが無難です。

最終的に設定は推測の域を越えません。ブドウ確率を軸に押し引きすることで勝てる可能性が高い状況の時間を多くすることができます。

具体的に何回転回した段階でブドウによる押し引きを判断するべきかというのは状況により異なりますが、経験上ブドウ200個ぐらいカウントするとその後急激にブドウ確率がよくなることは少ないと思います。ただ毎回200個数えていては低設定だらけのホールでは確実に負けてしまいます。状況に応じて数千円で判断してしまってもいいでしょう。数千円では高設定でもブドウがついてこないことは当然あります。しかし回らないジャグラーを回してること自体が期待値の低い状況と考え、リスク回避をすること優先したほうがいいです。

ブドウが悪ければ数千円でやめる、ブドウがよければその他の状況が悪すぎない限りはやめる必要はありません。負けることはあってもジャグラーの収支は飛躍的に良くなるはずです。

 

【ジャグラーで勝てるようになる4つのポイント③】
機種ごとの特徴を知っておく

ジャグラーにはたくさんの種類があります。よく知られている情報は以下の2つです。

・ブドウ確率に差がある
・高設定ほどREG確率が高い

間違っているわけではありませんが、ジャグラーは種類によってボーナスや小役の確率にそれぞれ特徴があります。それらを知っていないと、データで見ると高設定なのに低設定に座らされ、なんで自分が打つとペカらないんだ・・・という状況になります。
ブドウ、REG確率以外の高設定の代表的な特徴を簡単に記載します。立ち回りの参考にしてください。

アイムジャグラーEX-AE

・ボーナス合算が他のジャグラーに比べて重い 1/134
・BIGにはほぼ設定差がない
・ブドウに設定差があるのは6のみ
まとめ:REG確率のみ参考にする。6狙いならブドウが最重要。

スーパーミラクルジャグラー

・BIGの設定差が大きく確率も高め 1/230
・REGが高設定でも少なく、設定5の方がREG確率が高い
・合算はシリーズで一番重い 1/136
まとめ:BIG確率も見て台選び。合算が重いので引きムラが多い

ファンキージャグラー

・BIGが軽く機械割も111%とトップクラス
・ガックンが効かない(ファンキー以降の台)
まとめ:BIGの差にも注目。BIGが軽い分荒れがち

マイジャグラー3

・単独REGに設定差が大きい
・チェリー確率の設定差が大きい
・合算が軽く安定する可能性が高い 1/120
まとめ:チェリーも要カウントで単独REGが重要

ゴーゴージャグラー

・BIG、REGともに設定差が少なく、低設定の合算がシリーズ1軽い 1/154
・ブドウ確率が重く、コイン持ちが悪い
まとめ:ボーナスが軽めなので低設定の誤爆が多く、高設定に見えることが多い

ハッピージャグラーV2

・チェリー重複REGの設定差が大きい
・ブドウ確率に差はあるが6でも1/6.3と重い
まとめ:チェリーREGが最重要

みんなのジャグラー

・合算・機械割ともにシリーズ最強 1/119 112%
・単独REGに設定差が大きい
・ピエロ同時当選がある(設定差なし)
まとめ:単独REGが重要だが、順押しはピエロ同時当選が見抜けない玄人向けの台

 

【ジャグラーで勝てるようになる4つのポイント④】
空き台のやめられた理由を考える

ジャグラーは後から高設定を狙うことがあると思います。しかし自分が座ってから設定が変わったのでは?と思うようなヒドイ挙動に変わることは多くの方が経験しているのではないでしょうか。そのようなリスクは少しでも減らしたいところです。まずデータを見て台選びをするので、ボーナス合算・REG確率が優秀であることは大前提。ここで重要なことは空き台は前任者がやめた理由が必ずあるということです。

3つ目のポイントで紹介したようにジャグラーは機種毎にデータ機からは見えない特徴があるので、データ機で高設定に見えていても、前任者がその他の要素で判別してやめた可能性を考えなければなりません。

データ機上は欠点がなく、100G以内にやめているような状況は非常に危険です。ブドウが悪い等、何かしら悪い要素があった可能性が高いです。

しかし似た状況でも、前任者がやめた理由が見える台はチャンスがあります。150G前後の中ハマりのREG連。直前の大ハマりなどです。またずーっと下皿プレイからのBIG連で満足してやめているような履歴の場合もいいですね。
そもそもブドウをカウントしている人がいないようなホールでは、そこまでやめた理由を意識する必要がないこともありますが、そのようなホールは設定が入っていない可能性も高いので注意しましょう。

以上が【ジャグラーで勝てるようになる4つのポイント】です。

 

最後に…

ジャグラーは甘いと思われがちですが、安定して勝つためには非常に難易度の高い機種です。初心者に紹介する人も多いですが、甘いのではなくゲーム性が単純なだけです。勝つために是非4つのポイントを参考にしてください。

ポイントをまとめると以下のようになります。

  • ブドウ確率の重要性を理解する
  • ブドウ確率を軸に押し引きする
  • 機種毎の特徴を知っておく
  • 空き台のやめられた理由を考える

以上がジャグラーで勝てるようになる4つのポイントです。

ここまでの長文を最後までお読みいただきありがとうございました。