新しく家電を用意する必要がある方へ。

最近は家電のレンタルが流行っており費用をかけずに家電を揃えることができます。
実際のところ家電は購入とレンタル、どちらにすべきなのでしょうか。

本記事ではそれぞれのメリットとデメリットを比較していきます。

 

家電は購入とレンタルどちらがいいのか比較

ポイント1.
費用で比較する

単身赴任や初めての引越しで家電を揃えようと思った時、どのくらいの費用がかかるかご存知でしょうか?

最低でもテレビや洗濯機、冷蔵庫や電子レンジくらいは揃えたいですよね。
これらの家電を新品で購入した場合、物にもよりますが10万円以上の費用が必要になる場合もあります。

その他、家電が壊れた場合の修理代やいらなくなった時のリサイクル料金なども含めるとさらに負担が大きくなります。

一方、家電レンタルでこれらの家電を揃えた場合の費用は、1年契約で4~5万円、2年契約で6~7万円が相場です。
また、故意ではない故障では交換してもらえますし、いらなくなった時のリサイクル料金もかかりません。

単身赴任や長期の出張などで家電が必要な場合、家電レンタルをした方がお得になります。

ただし、家電レンタルする業者によっても値段に差があること、また新品の家電レンタルでは費用の負担も大きくなります。
さらに単身赴任や出張の期間が長くなれば、家電レンタルの費用も大きくなることも覚えておきましょう。

 

ポイント2.
手間で比較する

急な出張が決まった場合、家電をゆっくり購入する暇なんてないですよね。
家電を購入しても配送の手続きや設置、不要になったゴミやダンボールの処分など手間のかかることが多いです。

また出張が終わった時には以下の手間がかかります。

  • 家電を梱包して持ち帰る
  • リサイクルショップなどで売る
  • 処分する

一方、家電レンタルであれば、ホームページまたは電話で必要な家電を申し込むだけで、所定の場所に届けてくれます。

届けてもらった家電は、配置が決まっていればその場所まで運んでもらうことも可能です。
出張が終わった時にも事前に連絡をしておけば、配送業者が回収に来てくれます。

つまり、手間で比較した場合には、圧倒的に家電レンタルの方がおすすめと言えます。

 

ポイント3.
故障した場合の対処で比較する

もしも購入した家電が、すぐに壊れてしまったらどうしますか?

もちろん、保証がついている家電も多いので保障で修理してもらえることもありますが、修理している間は家電が使えないし、もしかしたら故障の内容によっては保証の対象にならないこともあるかもしれません。

また、必要と思って購入した家電が、実際全然使われないなんてことも考えられますよね。

故意でない場合、家電レンタルであればすぐに壊れてしまっても連絡をすればすぐに交換に応じてくれます。

さらに家電レンタルでレンタルした家電をあまり使わなかった場合、契約違反にならない範囲で返却することもできます。

逆に、家電をレンタルしていて、すごく気にいった場合は購入することができる業者もあるのです。

このように気持ち面での負担も、家電レンタルの方が少なくて済みます。

 

ポイント4.
家電レンタルのデメリット

こうやって比較していくと、家電レンタルの方がすべてお得なように感じるかもしれませんが、家電レンタルにもデメリットがあります。

それは、長期に家電を使用する予定がある場合です。

長期に家電を使用する予定がある場合、家電レンタルを利用してしまうと購入するよりも返って費用がかかってしまうこともあります。
一戸建てやマンションで家族で使用する家電は、レンタルするよりも購入した方がお得になります。

また、最新の家電などはレンタルすることはできません。
家電レンタルで借りることのできるものは、どうしても最新のものと比べると型落ちなってしまうので、より優れた家電にこだわっている人には家電レンタルは不向きといえます。

 

最後に

家電は購入とレンタル、どちらがお得になるかについてまとめました。

短期の出張や単身赴任の場合は、家電レンタルの方がおすすめです。
長期に使用する自宅用の家電は、購入した方が良いでしょう。

目的に応じて家電レンタルにするか、購入するかを決定すると良いと思います。

 

以上、
「家電は購入とレンタル、どちらにすべき?」
でした。最後までお読みいただきありがとうございました。