大阪大阪で、お金がなくて安い住まいを探している方へ。

家賃が安ければ家計は助かりますが、あまり安いところを選ぶと生活環境が心配です。

本記事では、家賃を抑えつつ、安心して暮らせそうなエリアをご紹介します。

 

家賃相場が比較的安い大人気の土地エリア5選【大阪編】

大阪は家賃が安いってウソ?

不動産情報サイトの「at home」によると、2017年2月現在、大阪府全体の家賃平均額は7.07万円です。

これは東京都の9.52万円よりもずっと安いですが、「庶民的な街」というイメージの割には高く思えます。

近年、大阪では再開発が進んでおり、家賃相場は上昇傾向にあります
大阪市の中でも、高級住宅街が多い北部・西部や転勤族が多い中部は高めです。

ただし東京よりは物価が安いので、生活費全体で考えると大阪の方が負担は少なくなります。

決して家賃が安いわけではありません。

 

治安が悪いって本当?

大阪市の中で家賃が安いのは天王寺駅や難波駅から南のエリアです
高いエリアと比較しても2~3万円ほどの差があります。

ただし、このあたりは大阪色が強く、路上生活者が多いなど、治安面が気になります。
特に女性が一人で暮らすには躊躇しそうです。

けれども、実際の犯罪発生率は他のエリアと比べても際立って多いわけではありません。
実際に暮らしてみると庶民的である以外は何の問題もなさそうに見えます。

ただし、地元の住民でさえ近寄らないエリアがあるので、そこには住まない、通らないなどの自衛が必要です。

 

家賃相場が比較的安い大阪のエリア1.
大阪市西成区(5.41万円)

大阪市で最も家賃相場が安く、区の南部にある市営地下鉄の岸里駅や玉出駅周辺は徒歩圏内に1~2万円の物件が豊富にあります。

ただし、西成区と言えば労働者の街「あいりん地区」があるところです

現在の地名でいうと、区の北東部にある「荻之茶屋」周辺です。

そこから新今宮駅に至るエリアは、どんなに家賃が安くても避けた方が無難でしょう。
最近では新築物件が増えて、区全体の家賃相場が1Rや1Kを中心に上昇しつつあります。

 

家賃相場が比較的安い大阪のエリア2.
大阪市住吉区(5.78万円)

大阪市の南部に位置する住吉区は、西成区のような破格の物件は無いものの、築浅で家賃がお手頃なのが特徴です。

1Rや1Kの家賃平均は西成区を下回ります。

JR阪和線、南海電鉄高野線、市営地下鉄御堂筋線が走っており、南部の駅になるほど家賃はお得です

狙い目は比較的店舗数が多く、JRと市営地下鉄が通る長居駅周辺です。
長居公園が隣接しているので、休日は運動したり、スポーツ観戦したりするなどの楽しみ方ができます。

治安も大阪市南部の中では比較的良いと言われています。

 

家賃相場が比較的安い大阪のエリア3.
大阪府堺市東区(5.62万円)

大阪市の南と隣接する堺市は、大阪府第2の人口を誇る古くからの商業都市です。

さすがに大阪と近い北部や中心部は高いですが、東区は家賃が安い上にアクセスも優れています。
南海高野線が走っており、難波駅まで20分ほどで到着します。

どの駅周辺でも徒歩圏内にお得な物件はありますが、オススメは南側の北野田駅です。
快急・急行など停まる電車が多く、大型スーパーがあるなど店舗の数も豊富です

 

家賃相場が比較的安い大阪のエリア4.
大阪府藤井寺市(5.21万円)

大阪府の地方都市で家賃が安くて物件数も多く、アクセスも便利なのは岸和田市(5.25万円)ですが、「だんじり祭り」に代表されるように街自体の個性が強く、住む人を選びます。

次にバランスが取れているのは、大阪市の南東にある藤井寺市です。
近鉄が走っていて3つの駅があり、いずれも準急が停車しますが、お得な物件が多いのは市の中心部にある藤井寺駅周辺です

あべのハルカス1Fの大阪阿部野橋駅まで15分で到着します。

 

家賃相場が比較的安い大阪のエリア5.
大阪府守口市(5.95万円)

ここまで紹介したのは、大阪市南部の難波や天王寺へのアクセスが便利なエリアでした。

北部へ通うには乗り換えが必要です。
けれども新大阪駅があり、ビジネス街でもある梅田を起点とする路線沿いは、どこも家賃が高めです

その中でも比較的割安なのが大阪市の北東にある守口市です。

市営地下鉄谷町線に乗れば東梅田駅まで直通です。

狙い目は守口駅周辺で、少し歩くと京阪電鉄の守口市駅から京阪本線を利用して京橋方面にも出られます。

ただし地下鉄駅周辺に、ほとんど店舗が無いのは不便でしょう。

※「at home」で公表している家賃相場(2017年2月現在)の中で、大阪府の平均(7.07万円)を下回る注目のエリア

 

最後に

  1. 大阪の南部は治安に問題があるものの、家賃は安い
  2. 大阪の北部は環境が良い代わりに家賃は高い
  3. 危険なエリアを調べて、住まない・近づかないなどの自衛が必要

大阪府は、鉄道沿いに住めば大阪の中心部まで1時間以内に出られます。
実は他県の京都や神戸、奈良、和歌山も十分に通勤圏内です。

大阪で目ぼしい物件が見つからない場合は、そのあたりも検討してみましょう。

以上、
「お金のない人が借りたい大人気の土地エリア5選【大阪編】」
でした。最後までお読みいただき、ありがとうございました。