引っ越しの費用を少しでも安く抑える5つの方法

引っ越しの費用を少しでも安くしたいと考えている方へ。

引っ越しをしなければならないけれど、できるだけ費用を安く抑えたい!

本記事では引っ越しの費用を少しでも安くできる方法を考えてみました。

 

引っ越しの費用を少しでも安く抑える5つの方法

方法1.
繁忙期を避ける

引っ越しの費用を少しでも安く抑える5つの方法

引っ越しは、繁忙期とそうでない時期で、どのくらい金額が違うかご存知ですか?

引っ越し業者にもよりますが、繁忙期はそうでない時期に比べ倍以上するのが一般的です。
繁忙期は金額を下げなくても引っ越ししなければならないお客さんが必ずいるというのが理由に挙げられます。

では引っ越しの繁忙期はいつなのでしょう?

結論からいうと、引っ越しの一番の繁忙期は3月です。
3月は、4月から入学、就職、転勤する人の移動が多いため、3月は引っ越しの値下げ交渉が難しく、正規の値段以上に価格が上がることすらあります。

引っ越し料金を安くしたいのであれば、繁忙期である3月は避けましょう。

おすすめは11~2月上旬までの閑散期です。
この時期なら引っ越しの価格交渉もうまくいきやすく、大幅な値下げも期待できます。

 

方法2.
引っ越し業者の都合に合わせる

引っ越しの費用を少しでも安く抑える5つの方法

では繁忙期は価格を安くすることはできないのでしょうか?
実は繁忙期でも、価格を安くする方法はあります。
それは、できるだけ引っ越し業者の都合に合わせるということです。

繁忙期は引っ越し業者も人手が足らず、また時間的余裕もありません。
そのため、お客さんの引っ越しを希望する時間が重なってしまうと、どちらかのお客さんに時間をずらしてもらわなければならなくなります。

ここが価格交渉できるチャンスで、引っ越し業者が日にちや時間をずらしてもらえないかお願いしてきたら、できるだけ応じてあげましょう。
引っ越し業者も、譲ってくれたお客さんに対しては価格面で融通をきかしてくれるはずです。

引っ越し業者によっては、数万円安くしてくれるところもあるようです。

 

方法3.
見積もりをだしてもらう

引っ越しの費用を少しでも安く抑える5つの方法

引っ越し業者によって、値段にかなり違いがあるのはご存知でしょうか?
一般的に大手の引っ越し業者は金額が高い傾向にあります。
大手だからと安心して見積もりもださずに契約してしまうのは、非常にもったいないです。

おすすめの方法はインターネットを利用して、各引っ越し業者に一括見積もりをだしてもらうことです。
この方法なら、各引っ越し業者に連絡をとる必要もありませんし、見積もりサイトによっては割引きができるところもあります。
ただし、一括見積もりを行うと各引っ越し業者から連絡がきます。
すべての業者に立ち会って訪問見積もりをしてもらうのは、かなり大変ですし断るのにも気を使います。

できれば数社に絞って、訪問見積もりをしてもらったほうがよいでしょう。

 

方法4.
同じ業者に依頼する

引っ越しの費用を少しでも安く抑える5つの方法

各引っ越し業者に見積もりをだしてもらう方法も、おすすめの方法なのですが手間がかかります。
あまり手間をかけたくないのであれば、毎回同じ引っ越し業者に依頼するのも一つの手です。

引っ越しを何度か行っていると、各引っ越し業者の特徴がある程度わかってきます。
その中で、一番印象がよかった業者に毎回依頼をするのです。
同じ業者に依頼すると、どのような業者かこちらが把握できているので安心ですし、何度か依頼をしているので割引をしてもらえる可能性が高いです。

できれば大手の引っ越し業者ではなく、小規模の引っ越し業者を選びましょう。
大手の引っ越し業者は元々金額が高いですし、依頼も多くあるため継続しても大きな割引きは期待できません。

小規模の引っ越し業者で、安心できる引っ越し業者を見つけておくのがコツです。

 

方法5.
荷造りは自分で行う

引っ越しの費用を少しでも安く抑える5つの方法

荷造りは余程余裕が無いとき以外は、必ず自分で行いましょう。
引っ越し業者によっては、荷造りまでやってくれるサービスもありますが、値段が非常に高くなります。

引っ越し業者が決まったら、まずダンボールや新聞紙・ガムテープなどを集めます。
引っ越し業者が専用のダンボールやガムテープを用意してくれるケースもありますので、事前に確認しておきましょう。

それから引っ越しの日まで、少しずつ荷造りを行ってください。
後で一気にやってしまおうと思っていると、大変な目に合います。
荷造りは想像以上に重労働と思って取り組んだ方がよいです。

もちろん、大きな荷物に関しては引っ越し業者がすべて行ってくれるので、こちらで何かしておく必要はありません。

 

最後に

引っ越しの費用を抑える方法についてまとめてみました。

極論を言ってしまえば車を自分で用意して引っ越しをしてしまえば費用はかかりません。
しかし家具を運ぶのは一人では無理がありますし、乗用車では運べる荷物の量に限界があります。

時間効率やコスパを考えた方法を探してみましょう。

引っ越しはなにも知識がないと、損をするケースがあります。
引っ越し費用をできるだけ安くするには、今回紹介した方法を実践してみてください。
少しでも安くすることができれば、そのお金を新生活を始める準備にまわすことができますね。

 

以上、
「引っ越しの費用を少しでも安く抑える5つの方法」
でした。最後までお読みいただきありがとうございました。