家族や友人、恋人など、大切な人から「お金を貸して」と迫られたらどうしますか?

お金を貸しても、貸さなくても、人間関係が壊れてしまいそうで悩みますよね。

本記事では、人間関係を壊さずに借金を断れそうな口実をいくつかご紹介いたします。

 

「お金を貸して!」借金を上手に断る5つの口実

お金の貸し借りが人間関係を壊す理由

借金を頼まれた時、ほとんどの人は無意識に「自分が都合良く利用されている」と疑うでしょう。
本当に相手を大切に思うなら、自分の借金で相手が不自由することに気づくからです。

そしてお金が返されなかった時、疑惑は確信に変わって人間関係は壊れてしまいます。

今は消費者金融だけでなく、多くの銀行がお金を貸してくれます。
それでも身近な人を頼るのは既に債務超過になっているか、まともな稼ぎが無いのかもしれません。
おそらく自分が貸しても現在の借金を埋め合わせるだけで、すぐに次の借金を頼んでくるでしょう。

自分から人間関係を壊さない限り酷い目に遭い続けてしまいます。

けれども、大切な人ですから波風が立たないよう、上手に断りたいものです。
人間関係を維持できる断り方を5つ紹介します。

 

借金を上手に断る口実1.
「自分もお金に困っているんだよね」

「無い袖は振れない」という昔のことわざどおりの断り方です。
相手も貸せるお金が無いなら、諦めざるを得ないでしょう。
事実でなくても構いません。

ただし、相手が自分の金銭事情を知っているなら、具体的な口実が必要です。

「物を買った」というのは、実物を見せなければいけません。
「旅行の予定があり、既にお金を払ってしまった」というのは、後でキャンセルしたと言っても、その時にまた借金を頼まれる可能性があります。

それこそ「他の人にお金を貸してしまった」と言えば、後で「どうなった?」と聞かれても「踏み倒された」と答えられます。

 

借金を上手に断る口実2.
「家族に財布のひもを握られているんだよね」

これは結婚している人、家族と同居している人が使える断り方です。
一応、相談したふりをして、やはり断られたと言えばより真実味があります。

たとえ妻に断られたという理由でも、今は亭主関白が通用しない時代なので、情けなくも不自然でもありません。

 

借金を上手に断る口実3.
「自分からお金を借りると面倒だよ?」

貸したお金を確実に取り返すには、普通に金融機関から借りる時と同様に、「法的な効力を持った借用書」を作成するのが一番です。
借用書があると、裁判を起こして勝訴すれば取り返せます。

さらに借用書を「公正証書」にすれば、裁判をしなくても「差し押さえ」が可能です。

これだけの書類を作成するのは手間がかかり、借りたら必ず返済しなければいけません。
踏み倒すには夜逃げか高飛びするしかないでしょう。
確かに借りる側にしてみれば面倒です。

 

借金を上手に断る口実4.
「債務整理するなら手を貸すよ」

相手の借金が既に高額で、自力返済が難しいようであれば、「債務整理」した方が早くお金の悩みから解放されます。
ただし、弁護士に手続きを依頼するのは以下の費用が必要です。

  • 相談料
  • 着手金
  • 弁護士報酬

任意整理で1社あたり5万円前後、民事再生や自己破産で50~60万ほどかかります。
なかなか自ら依頼しようとは思えないでしょう。

せめて相談料(5,000円前後)だけでも負担してあげれば、何らかの解決方法を見出すきっかけになります

 

借金を上手に断る口実5.
「お金は貸せないけど何かおごるよ」

同じ自分の懐を痛めるにしても、借金では波風が立ちますが、おごりやプレゼントであれば、善意で行うので気前よくお金を出せるでしょう。

借金で困っている人は、たとえその理由がギャンブルだったとしても、普段の生活はギリギリまで切り詰めているはずです。

奮発して美味しい食べ物をおごり、お腹を満たしてあげれば、明日への活力が湧き、借金の解決に向けて前向きに考えられるようになるかもしれません。

 

最後に…

  • 借金は人間関係を壊す
  • 頼られても力になれないことをほのめかす
  • できるだけ自分で解決するよう促す
  • 代替策を提案する

「大切な人だから」とお金を貸すのは、自分のためにも相手のためにもなりません。
人間関係を維持するには、借金をきっぱりことわるのが一番です。

たとえ相手が自分を恨んだとしても、いつかそれが正しかったと気づいてくれるでしょう。

もし手を差し伸べるなら、借金の解消を手伝ったり、生活を援助するなど、他にできることがあるはずです。
本当に自分が納得できる形で助けてあげましょう。

以上、
「お金を貸して!」借金を上手に断る5つの口実
でした。最後までお読みいただきありがとうございました。