お支払催促コール206 7635 6771からの着信に応答できていない方へ。

いったいこの電話はどこからかかってきているのかと不安になっていませんか?

本記事では06-7635-6771(アプラスお支払い催促コール)の着信番号の発信元や、会話内容についてお伝えします。

 

06-7635-6771
お支払い催促コール
(アプラス)

 

06 7635 6771 大阪から突然の電話

ある日の昼休み、06 7635 6771から電話がかかってきました。
市外局番「06」って確か大阪だったような気が・・。

全く心当りがなかったので、無視したんです。
多分、間違い電話か何かだろう、と。

すると夕方にまた同じ番号からかかって来たのです。
さすがに間違い電話ではないなと出てみることに。

電話に出てみると株式会社アプラスと名乗る女の人の声でした。

 

06 7635 6771は株式会社アプラス

株式会社アプラス…?
あ!オートローンでお世話になっている会社だ!

ここでやっと思い出しました。

大阪の市外局番に心当たりがなかったので驚きました。
本社が大阪にある会社だったのね・・・。

そうこう考えていると女性から「今、お時間は大丈夫ですか?お車の件なのですが」と聞かれました。

私は去年に自動車を購入しました。
支払いは分割払いで口座引き落としにしていたのですが、今月は予想以上に出費が多く残高が足りていなかったようです。

 

06 7635 6771の会話内容

会話の流れはこうでした。

女性「◯◯様のお電話でよろしいでしょうか?」

私「はいそうです。」

女性「お世話になっております。私式会社アプラスの◯◯と申します。」

女性「先月引き落とし分が確認がとれませんでしたので、支払票での対応をしていただきたくご連絡いたしました。」

私「すみませんでした。わかりました。」

女「もし、ご都合が悪くなった場合はまたご相談ください」

すぐに振り込んでくれ!と怒られると思っていたので丁寧さに少しびっくりしました。
支払いの意思をしっかりと伝えると、現在の住所確認をされてとあっさり電話が終わりました。

 

知らない番号は出る?出ない?

知らない番号には出ないほうがいいという話はよく聞きますが、この番号にかぎっては大丈夫です。

催促の電話はなんとなく恐いイメージがありました。

ですが、支払ができなかったことを責められるわけでもなく、むしろ自分にとって必要な情報をやさしく丁寧におしえてくれたので催促電話への印象がガラリとかわりました。

 

最後に…

まずはしっかりと電話にでて、もしくは折り返しの電話をいれて現在の状況をしっかり伝えましょうね。

以上
「06 7635 6771 お支払い催促コール(アプラス)」の記事でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。