03 3383 0101からの着信に出れない方へ。

エポスカードはマルイのカードで、マルイのロゴ0101が下四桁の番号になっているので発信元がすぐにわかります。
私は怖くてこの着信を無視し続けてしまいました。

本記事では03-3383-0101(エポスカードお支払い催促コール)の着信番号の会話内容、また無視し続けた結果をお伝えします。

 

03-3383-0101
お支払い催促コール
(エポスカード)

 

03 3383 0101からの着信

私はある日一回払いでネックレスを購入しましたが学生であり、金欠だったため、後から支払いを分割払いに変えようとしました。

しかし分割変更可能な期間があるのを忘れていて、気づいた時はもう分割できる期間を過ぎてしまっていたのです。
私は支払日にお金が足りず払えなくなってしまいました。

支払日が過ぎてからの数日は、催促の電話がなることもなくカードも普段通りに使えてました。

しかし3日ほどたった朝10時頃、03 3383 0101から着信。
番号を一目見て、「エポスだ…」と思いました。

「すぐ払えと言われたらどうしよう…」
「怖い催促担当の人だったらやだな…」

そう思った私は、その電話には出ませんでした。
もちろんそんな強面の人からはかかってくることはないとわかっていましたが、ビクビクしていたのです。

自分が悪いとはいえ気分のいい着信ではありません。

 

03 3383 0101の留守番電話の内容

着信は1日多くて2回ほどありました。
その電話には毎回留守番電話が入っていました。

恐る恐る聞いてみると…

「エポスコールセンターです。◯◯様の携帯電話にご連絡いたしました。お伝えしたいことがございますので、メッセージを聞きましたら、03—3383—0101までご連絡お願い致します。」

しっかり「エポスカード」と名乗っています。

すぐに催促電話であることがわかりました。

 

エポスの催促電話を無視した結果

03 3383 0101からの着信は土日をのぞいて毎日かかってきましたが、私は無視を続けました。
給料日前日になったら着信に出て「明日支払います!」というつもりだったのです。

しかし着信を無視した結果最悪の事態に…。

なんと実家に電話をかけられてしまったのです。

私は学生で未成年だったためカード入会時に親の連絡先が必須で書類に記入しており、その番号に連絡がいったようです。

親にもコールセンターの人の個人名ではなく

「エポスカードですが、◯◯さんいらっしゃいますか?」

とはっきりと名乗られてしまったため、親から「あんた、借金してるやろ?電話かかってきてんで!」と怒られてしまいました。

 

03 3383 0101の会話内容

親にも怒られて私は着信を無視し続けるわけにもいかず、次の着信で電話にでることにしました。

エポス「今月のお支払いが確認できませんでした。お支払いのご予定はいつになりますか?」

私「すみません、10日後に必ず支払います。全額は無理でも◯万円なら今すぐ支払えるのですが」

エポス「それでしたら分割支払いを承りますので、エポス専用ATMもしくは指定口座に振り込んでください」

実に丁寧な言葉使いで淡々とした会話でした。
支払日が過ぎた後でも支払い困難な場合は、分割支払いに切り替えてもらえるようです。

最初から電話に出て相談しておけばよかった…。

一旦利用停止してしまったカードは一定の期間使うことができません。

結果的に親にもバレてしまい面倒なことになってしまいました。

 

最後に…

  1. 03 3383 0101はエポスコールセンター
  2. 電話に出ないと毎日かかってくる
  3. 支払い困難でもまずは早めに相談

みなさんは支払日過ぎてませんか?

たとえ支払いが難しくても、電話に出ないと毎日かかってきてしまう催促電話。
まずは電話に対応することが大事です。

以上、
「03 3383 0101 お支払い催促コール(エポスカード)」でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。