クレジットカードの利用限度額を100万円にする4つステップクレジットカードの限度額に不満を感じている方へ。

利用枠を増やしたい。できれば100万円まで増やしたい!

本記事では、クレジットカードの利用限度額を増やす様々なテクニックとコツ、および注意点を紹介します。

 

クレジットカードの利用限度額を100万円にする4つステップ

 

ステップ①
正攻法で利用実績を積む

クレジットカードの利用限度額を増やすには

  • カード会社から案内が来る
  • 自ら増額を申請する

以上の方法があり、どちらもカードを作ってから半年ほどでチャンスが訪れます。

以前は長期間使っているといつの間にか増額されることもありましたが、今は金融庁の事務ガイドラインにより増額には利用者の意思確認が必要です。

どちらの方法にしても、普段からクレジットカードの利用頻度が高くて、限度額に近いくらい使うほど有利です

カード会社には手数料が入るので優良顧客とみなされるでしょう。
買い物だけでなく、公共料金の引き落としや保険料の支払い、携帯電話の利用料など支出のすべてをクレジットカードに集約すればそれだけで10万円以上の利用実績を積めます。

利用から返済までのタイムラグを考えると、限度額は毎月の利用額の2〜3倍あるのが理想です。
いざ足りなくなった時よりも、あらかじめ余裕を持って申請する方が、審査には通りやすくなります。

1回で10〜20万ずつ増えるのを順調に繰り返せば、30万円からスタートしても早ければ4回目に限度額が100万円になるのです。

 

ステップ②
クレジットヒストリーを傷つけない

自ら増額申請すると、カード会社は新規の申込時と同様の審査を行います。
その際にJICCやCICといった信用情報機関で「クレジットヒストリー」を確認します。

これは加盟している金融機関から提供された、以下のような信用取引の情報を見られるものです。

・各カードの利用残高や限度額
・延滞など金融事故の有無

もし延滞歴があったり、リボ払いを限度額まで使い切っているようであれば、返済に困っていると疑われて審査には通りません。
無駄にカードを多く保有しても、その分だけ枠があるとみなされるので不利です。

またこの枠にはカードローンなど、他の信用取引も含まれます。
使わないカードは解約するか限度額を引き下げましょう。

 

ステップ③
複数枚のカードで目指す

1枚のクレジットカードだけで100万円の限度額を目指すのは難しいものです。

限度額だけにこだわるなら、逆に10〜30万円のカードを複数枚持った方が早く実現できるでしょう。
その際、同じ会社のカードでは審査に通らない可能性があるので、別の会社に申し込むのが確実です。

ただしカードを複数枚持つと、以下のようなデメリットがあります。

・店舗やカードの付帯サービス(ショッピング保険など)によっては、複数枚のカードを使った支払ができない。
・ポイントが分散するため、1枚で同額使うよりもお得感は低くなる。
・海外旅行のように盗難の恐れがある時は、1枚のカードだけで済ませたい。
・返済がバラバラになるので、うっかり忘れるとクレジットヒストリーに傷がつく。

このように、使い勝手が1枚のクレジットカードを使うより劣ることを承知しておきましょう。

 

ステップ④
ゴールドカードを作ってみよう

一般のクレジットカードは誰でも容易に作れる反面、限度額は低く設定されています。

年会費が無料のカードなら、なおさらです。
これでは増額に時間がかかるだけでなく、100万円にならない可能性もあります。

そこで、ゴールドカードを作る方法があります。
年会費はかかりますが、限度額が最初から100万円になっているカードもあるほどです。

最近では新規の申し込みを受け付けているゴールドカードもありますが、審査は厳しくて一定の年収や職業などの属性を満たしていないと作れません。

一般カードからアップグレードできるゴールドカードもあるので、まずは一般で実績を作ってからゴールドを申請するか、カード会社からのインビテーションを待ちます。

入手できれば100万円の限度額だけでなく、海外でも通用するステータスにもなるでしょう。

 

最後に…

クレジットカードで100万円の限度額を目指すなら、以下の方法があります。

  • 限度額が低いカードを複数枚保有して100万円にする。
  • ゴールドカードなど最初から限度額が大きいカードに申し込む。

けれども、前者は使い勝手が劣り後者は誰でも作れるものではありません。
やはり一般のカードで利用実績を積んでクレジットヒストリーを傷つけない方法が一番確実でしょう。

以上、
「クレジットカードで利用限度額100万円を目指す4つのポイント」でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。