キャッシング・カードローンの利用を検討中の女性の方へ。

どうしても現金が必要で借入をしたいけど、普通のカードローンはなんだか敷居が高くてなかなか踏み出せない!

そんな方におすすめなのが女性向けに特化した「女性向けカードローン」です。本記事では様々な女性向けカードローンの特徴やおすすめカードローンについてお伝えいたします。

 

女性向けカードローンの知っておくべき4つの特徴

特徴①
利用者もスタッフも女性のみ

貸金業者というと「男性が怖い声で取り立ててくる」というイメージを抱いているかもしれませんが、女性向けカードローンではそんなことはありません。

借入申込時の受付オペレーターはもちろん、貸金業者からの連絡なども基本的にすべて女性スタッフが行います。
同性のスタッフのほうが状況を話しやすいですよね。

また、家族に内緒で借入をしている場合、男性スタッフからの電話だと、夫などにあらぬ疑いをかけられてしまい二重に辛いかもしれません。

しかし女性からの電話だと「学生時代の友達から」などと説明しやすい、というメリットもあります。

 

特徴②
金利や審査基準は普通のカードローンと一緒

「女性向け」と特化しているからといって、金利が低かったり、審査基準が甘かったりするわけではありません。

  1. 金利
  2. 審査基準

これらは基本的に普通のカードローンと同じと考えておきましょう。

女性の場合は専業主婦の方も多いと思いますが、専業主婦の場合は「収入がない」とみなされてしまいます。
そのため審査が厳しくなる場合があるので注意が必要です。

少なくとも、まとまった高額の借入は難しいと考えておいた方がいいでしょう。

パートやアルバイトでの収入がある人はまた基準が変わってくるので、気になる点があったら業者に相談してみてください。
そんなとき、女性用ローンなら相談スタッフも女性なので気軽に聞けて安心ですね。

 

特徴③
利用時に気をつけたいポイント

女性向けローンであっても審査が甘いわけではないので、専業主婦は借入が難しい場合があります。

これは「借入は年収の3分の1まで」と決められた「総量規制」がかかっているためです。

しかしこの「総量規制」は消費者金融などの貸金業者に対する規制であり、銀行系のカードローンは対象外なのです。

専業主婦だけどどうしても借りたい…そんな時は、無理に消費者金融の女性用カードローンにこだわらず、銀行系のローンを検討してみてもいいでしょう。

消費者金融とは少しかわり

  • 指定の銀行の口座が必要
  • 来店が必要のケースがある

以上のように手続がやや複雑になるかもしれません。

 

特徴④
各社の女性向けローン紹介

貸金業者が扱っている女性向けのローンとしては、下記のようなものがあります。

プロミス:レディースキャッシング
アコム :女性専用ダイヤル
レイク :レディースレイク
アイフル:SuLaLi

プロミス、アコム、レイクは「女性スタッフが対応するカードローン」という形ですが、アイフルのSuLaLiは他社とは少し違います。

  1. 限度額が10万円と低め→月々の返済が4000円程度に抑えられる
  2. SuLaLi専用のスタイリッシュな2種類のカードから選べる
  3. 連絡はスマホのSMSでも可能

以上のように通常のローンとは一線を画した「女性向けローン」としての商品を確立しているようです。

こちらも専業主婦の申し込みは難しいようですが、パートやアルバイトなどをされている方で、「生活費の足しに少しだけ借入をしたい」というような場合は利用してみてもいいかもしれません。

 

最後に…

  1. 「女性向けローン」と言っても金利や審査が違うわけではない
  2. スタッフは女性ばかりなので相談などはしやすい
  3. 専業主婦は女性向けにこだわらず銀行系のローンを検討すべき

どうしても現金が必要な場合、借入は無理のない範囲内におさえ、返済が家計を圧迫しないようにしたいですね。

返済などの相談も、スタッフが女性だと話しやすいかもしれません。
そういう意味では女性向けローンも有力な選択肢のひとつです。

しかし、最初のハードルが低いからこそ、多重債務に苦しむ生活の第一歩になってしまう可能性もあります。
女性向けローンでも普通のローンでも、借入をする前に収支の予定や返済計画をきちんと立て、それに沿ってこつこつと返済していくことが大切です。

以上
「女性向けカードローンの特徴をまとめてみた」でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。