キャッシング・カードローンの毎月の返済に苦戦している方へ。

返済額が増えてくると死ぬほど辛いですよね。

ふと、誰しも思う、銀行系おまとめカードローンの返済額の安さと低金利に魅力を感じませんか?本記事では全てのキャッシングを、銀行系カードローンでまとめる際のチェックポイントをレポートしてみます。

 

全てのキャッシングを、銀行系カードローンでまとめる際に大切な事

ポイント1.
毎月の返済額が安くなるか確かめる

一般的に組めるキャッシングカードローンは最大でも200万円ほどと思われます。その場合巷の消費者金融であれば返済額は6万円でしょうか。これが銀行系ローンだと余裕の半額程度にすること出来ると思います。

 

ポイント2.
まとめローンを組むときに強制返済か確かめる

実はまとめローンでお金を借りてキャッシングカードローンを自分で返済しなければならないケースもあります。この時にもし間違って遊びに使ってしまったらもうそれは笑うしかありませんね。

銀行系カードローンはしっかりしているので、代理で消費者金融の借金を返済することがありますのでその点をしっかり確認が必要です。

 

ポイント3.
収入証明書は必要ないのは本当かは一次審査後にしかわからない

収入証明書を必要としない謳い文句で宣伝している銀行が増えてきました。その理由は審査における最重要項目が他にあるからです。それは各自がこれまで培ってきた金融情報における信用履歴です。おまとめローンで長期的なお付き合いをするので、長期的な返済能力があるのかが確かめられます。具体的に言えばやはり、CIC個人信用情報は洞察されます。

一応、収入証明書は出せるなら予め用意しよう。

 

ポイント4.
おまとめローンは借金完全返済を目指す為に使う

借金の完全返済を心に決めて、教会に誓うくらいの勢いで銀行系カードローンは借りたいものです。

おまとめローンを利用することで月々の負担が減らすことができます。
しかし、月々の負担のことを考えるあまりに支払い期間が延び、結果的一本化する前より支払い額が大きくなってしまうことも少なくありません。

月々の負担を減らすという考えだけではなく、もう借金をしないということを心に決めて利用しましょう。

 

ポイント5.
CICの信用審査状況はどう変化するか確かめる

ここ大事です。銀行系カードローンへまとめ返済する際、これまで借りていた消費者金融のクレヒスに「異動」がつく可能性があります。これは通称ブラックリストの証です。今後同社では5年以上、借りれなくなるので、その覚悟でさようならをしましょう。

 

ポイント6.
現在の借り入れ先で延滞していないか

おまとめローンの審査で重視される項目の1つが過去の借り入れの返済状況です。
今までに返済の延滞や返済トラブルを起こしている人は、おまとめローンの審査に落ちてしまうことがあります。

特に銀行系は低金利で審査が厳しいと言われています。

多重債務の方は、遅延・延滞をする割合も高いので、むしろ遅延・延滞を経験されたケースが少なくありません。

3ヶ月以上の延滞をした場合記録は5年間残ると言われています。
自己破産や民事再生などの事故を起こした人にとっては難しいかもしれません。

1回であっても返済をしない、連絡を一切返さないなどとなると記録される可能性があがりますのでしっかりとした対応をとりましょう。

 

ポイント7.
申し込みに預金口座開設は必要か

カードローンに申込みをするときに、申し込む銀行の預金口座の開設が必要な銀行とそうでない銀行があります。

預金口座開設が不必要

  • 新生銀行カードローン レイク
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック
  • 三井住友銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • オリックス銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン

預金口座開設が必要

  • みずほ銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • セブン銀行ローンサービス
  • りそなプレミアムカードローン
  • ジャパンネット銀行ネットキャッシング

普通預金の口座が必要な場合はカードローンの申込み時と同時に口座の開設が必要となります。

預金口座の開設が必要な場合、カード発行までに時間がかかることあるので注意しましょう。

 

最後に…

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。

まずは銀行系おまとめカードローンの資料請求してみよう! 怖くはないですよ!そして、銀行系おまとめカードローンを利用するのであれば、借金完全返済を心に決めて!借りるのが良いでしょう。まだしばらくは借りたり返したりを繰り返しそうだなと思ったら、今現在の消費者金融と長い付き合いをして、利用限度額を増やすほうが賢いかもしれません。

以上
「全てのキャッシングを憧れの銀行系カードローンでまとめる際の事前チェックポイント」でした。
最後までご覧いただきありがとうございました。