親族に何かあったとき葬儀の費用がだせるか不安な方へ

火葬や埋葬、お坊さんへのお布施など大きな出費になることは間違いなさそうです。

本記事では葬式費用を少しでも減らせるような方法を考えました。

 

葬儀代がない!少しでも費用を減らす方法4選

節約方法①
家族葬にする

葬式の一般的な費用は全国平均で約190万円ほどです。

ですが、誰もが高額な葬式費用をだせるわけではありません。
葬式費用をおさえる方法の1つとして家族葬があります。
家族葬とは、遺族と親しい人に限定して行う葬儀のことです。

葬儀の流れは一般的な葬儀と同じ形式で、通夜と告別式を行いますが、参列者が少ないため、葬儀会場の費用や飲食費を少なくすることができます。
一般的な家族葬の費用は50万円程度ですが葬儀社によって多少違いがありますので、事前に確認しておきましょう。

葬儀社の中には追加で費用が発生する場合があるので、その点も確認しておいた方が賢明です。
また、故人の友人や近隣の方々とトラブルにならないように、事前に連絡をして理解を得ておくようにしましょう。

 

節約方法②
直葬にする

家族葬よりもさらに費用を安くしたいのなら、直葬という選択もできます。

直葬とは通夜と告別式を行わず、遺族とごく親しい知人のみで火葬のみを行う葬儀のことです。
火葬式もこの直葬と同じ意味で用いられます。

直葬ではお亡くなりになった後24時間以上安置し、その後直接火葬場へ移動して火葬を行います。
事前に希望しておけば、火葬場で僧侶による読経をしてもらうことも可能です。

直葬の費用は20万円前後から行うことができ、平均葬儀費用190万円に比べ大きく費用をおさえることができます。
気を付けておきたいのは、直葬費用をかなり安くうたっている葬儀社もありますが、葬儀を行ううえで絶対に必要な費用や物品が含まれていない場合があります。

あまり安すぎる直葬費用の場合は疑ってみた方がよいでしょう。
また家族葬同様、故人の知人や近隣の方々への連絡は忘れないようにしましょう。

 

節約方法③
見積もりを比較する

家族葬や直葬ではなく従来の葬儀の形式で安くする方法として、葬儀社から見積もりをだしてもらい、安いところを選択することもできます。

近場の葬儀社があり、その中で決めようと思っている場合は、直接出向いて細かい打ち合わせをしながら、見積もりをだしてもらうとよいでしょう。
直接出向いて決める方法は細かい点まで打ち合わせをできる反面、葬儀社に足を運ばなければならず手間がかかります。

そのため、近年増えてきているのがインターネットを利用して見積もりを依頼する方法です。
各葬儀社と細かい打ち合わせはできませんが、自宅にいながら複数の葬儀社に見積もり依頼をだすことができるのが最大の利点です。

この方法であれば、足を運ぶ時間がなくても見積もりを比較することができます。

 

節約方法④
無宗教葬にする

日本では仏教スタイルの葬儀が一般的ですが、もしも家族や親族が宗教にこだわらないのであれば、無宗教葬という選択肢もあります。
無宗教葬とは、僧侶や神父を呼ぶ必要もなく基本的には自分たちで形式を自由に決めることができます。

例えば、葬儀で故人の好きだった曲をかけたり、参列者で歌をうたったり、過去の映像を流したりといった内容でも問題ないとされます。

当然、葬儀にかかる費用も大幅に安くすることができます。30万円前後から葬儀を行うことも可能です。

この無宗教葬で注意したいのは、自分の先祖が入っているお寺(菩提寺)に配慮することです。
無宗教葬にすると、納骨を拒否されるケースもあるため、事前に葬儀社に確認しておいた方がいいでしょう。

 

最後に…

  1. 家族葬にする
  2. 直葬にする
  3. 見積もりを比較する
  4. 無宗教葬にする

葬儀代を少しでも安くする方法について紹介しました。

もちろん、費用に余裕があるのであれば従来の形式で行う方法が良いのでしょうが、例え費用が少なくても紹介した方法を利用すれば葬儀を行うことが可能です。
費用と相談のうえ、故人にとって一番よい方法を選択してあげてはいかがでしょうか。

以上、
「葬儀代がない!少しでも費用を減らす方法4選」
でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。