遺産相続で借金返済?知っておきたい4つのこと

返済できない借金がある時に相続が発生した方へ。

相続についてどの程度の理解がありますか?

本記事では、相続が発生した時に覚えておきたいことを4つ紹介します。

 

遺産相続で借金返済できるのか?注意すべき4つのこと

ポイント1.
遺産ってどれくらいもらえるの?

遺産相続で借金返済?知っておきたい4つのこと

もし亡くなった人(被相続人)が遺言書を残していなかった場合は、民法の規定に基づいて財産を分割します。
これを「法定相続分」と言い、配偶者がいれば必ず優先されます。
既に離婚していたり、入籍していなかったりする場合は無関係です。

残った分は以下の順に相続する権利があり、上位がいたら下位はもう相続できません。

子>直系の尊属(両親・祖父母など)>兄弟姉妹

配偶者がいなければ、全財産が最上位者のものになり、該当者が複数いる場合は、さらに人数で分割します。

「子」には実子だけでなく、養子も含まれますが、認知した子(非嫡出子)は対象外です。
既に子が死亡している場合は、その子(被相続者から見れば「孫」)に相続する権利があります。

それぞれの法定相続分は以下のとおりです。

相続人 配偶者の取り分 その他の相続人の取り分
配偶者と子 1/2 1/2
配偶者と直系の尊属 2/3 1/3
配偶者と兄弟姉妹 3/4 1/4

 

ただし遺産分割協議によって、この通りにならない場合もあります

土地や建物などは簡単に分割できないからです。
「代償分割」と言って、相続財産の多い人から少ない人へ現金を払って、取り分を法定相続分に近づける方法もあります。

 

ポイント2.
遺言書はありますか?

遺産相続で借金返済?知っておきたい4つのこと

もし遺言書があって、それが有効なものであれば、たとえ法定相続人でない人間が含まれていても、その通りに財産を分けます。
自分が多めに遺産をもらう権利があると思っているなら、生前にそのような遺言書を作成するよう促すこともできます。

だからと言って被相続人を脅迫したり虐待したりすると、「相続欠格」や「相続人廃除」になって遺産をもらえなくなるので絶対にやめましょう。

もし法定相続人なのに、遺言書のせいで自分の取り分がなくなってしまったら、1年以内に遺留分の減殺手続きをすると、以下の範囲で受け取れます

相続人 配偶者の遺留分 その他の相続人の遺留分
配偶者と子 1/4 1/4
配偶者と直系の尊属 1/3 1/6
配偶者と兄弟姉妹 1/2

 

ただし、相続人が配偶者と兄弟姉妹しかいない場合、兄弟姉妹は配偶者の有無に関わらず、遺留分はありません。

 

ポイント3.
相続税に注意しよう

遺産相続で借金返済?知っておきたい4つのこと

相続を開始してから、10か月以内に相続税の申告をしなければいけません。
基礎控除額は以下のとおりです。

3,000万円+600万円×法定相続人の数

その中に死亡保険金や死亡退職金が含まれていたら、その金額から「500万円×法定相続人の数」をさらに控除できます。
また、被相続人の借金や葬儀費用も相殺できます。

相続税の税率や控除額は以下のとおりです。

控除・分割後の遺産額 税率 控除額
1,000万円以下 10% なし
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

 

もし控除後の相続財産が2,000万円なら、相続税は250万円です。

現金で受け取っていれば、そこから捻出できますが、不動産など現金以外で受け取った場合は、それを売るか、別途現金を用意しなければいけません。
財産を分割する時は、相続税を納める時のことも考えましょう

 

ポイント4.
相続には時間がかかる

遺産相続で借金返済?知っておきたい4つのこと

遺産を相続するには、いくつかの手順を踏まなければいけません。

  1. 被相続者の戸籍謄本を集めて、法定相続人を確認する。
  2. 保有財産の内訳を調べて、財産目録を作成する。
  3. 法定相続人同士で遺産分割協議を行い、その結果に基づいて協議書を作成する。
  4. 遺産の名義変更を行う。

相続税は、相続が始まってから10か月以内に申告しなければいけないので、遅くてもそれまでに遺産は手元に入るはずです
ところが3番の遺産分割協議が決裂すると、先に進めません。

家庭裁判所に調停を申し立て、それでもまとまらなければ審判を行い、さらに裁判へ発展する場合もあります。
調停だけでも6か月ほどかかるので、相続税の申告が間に合わなければ、税務署から猶予をもらったり、法定相続分で先に申告して、後から修正申告を行ったりします。

 

最後に…

借金の返済で相続を当てにするなら、以下の点に気をつけなければいけません。

  1. 配偶者以外は、相続人が多いほど取り分は少なくなる
  2. 遺言書に名前が書かれていなければ、遺留分しかもらえない
  3. 相続税を納めなければいけない
  4. すぐに相続できるとは限らない

依存するのはリスクが大きいので、遺産をあてにすることはやめた方がよさそうです。

以上、
「遺産相続で借金返済できるのか?注意すべき4つのこと」
でした。最後までお読みいただき、ありがとうございました。