親が残した借金を背負わないための4つのポイント

家族が借金を残して死んでしまった方へ。

もしも返せないほどの高額だった場合、なんとかしなければなりません。

本記事では、借金を背負わないために知っておきたいポイントを4つ紹介します。

 

親が残した借金を背負わないための4つのポイント

ポイント1.
家族の借金は相続の放棄で免れる

親が残した借金を背負わないための4つのポイント

ほとんどの借金は、債務者(借主)が死んだら、その家族が背負わなければいけません
例外は、団体信用生命保険に加入している住宅ローンくらいです。

ただし、相続を放棄すれば借金を背負わなくて済みます。

それは「相続放棄」と「限定承認」の2種類であり、被相続人の住所を管轄する家庭裁判所で手続きをします。

違いは以下のとおりです。

  相続放棄 限定承認
手続き 一人でできる 相続人全員の同意が必要
放棄の範囲 すべての相続(財産も含む)を放棄 財産と清算して、残った借金の返済義務を免れる(逆に財産が残った場合は、相続人で分割する)
主な必要書類 申立書
被相続人の除籍謄本
相続を放棄する人の戸籍謄本
申立書
被相続人の戸籍謄本すべて
被相続人の除籍謄本
相続人全員の戸籍謄本
財産と借金の目録
こんな時に 明らかに借金があると分かっている場合 財産と借金のどちらが多いか分からない場合

 

手続きが完了すると、「相続放棄(限定承認)申述受理証明書」を発行できるようになります。
債権者(貸主)から請求が来たら、コピーを送ればいいのです。

相続放棄も限定承認も、相続を知った日から3か月以内に手続きしなければいけません。
それを過ぎてしまうと「単純承認」したものとみなされ、借金を相続してしまいます。

 

ポイント2.
相続放棄する時は親族への連絡が必要

親が残した借金を背負わないための4つのポイント

相続放棄は、勝手に一人で進めるとトラブルの元になります。
その分の負担を他の相続人が背負うことになるためです。

例えば父親が亡くなり、家族全員(配偶者や子、孫)が相続を放棄した場合、父親の尊属(祖父母や曾祖父母)に相続権が移ります。
父親の尊属も放棄したら、父親の兄弟姉妹に移ります。

その中の誰かが亡くなっていたら、その子(甥・姪)が相続する破目になるかもしれません。
相続放棄する時は、相続の可能性がある他の親族全員に、その旨を連絡するのが礼儀です

限定承認も、相続人全員の意思疎通ができていなければ失敗します。
例えば手続きが完了する前に、勝手に財産を処分すると、やはり単純承認したものとみなされてしまいます。

特に預金の引き出しは気をつけましょう。

 

ポイント3.
故人の借金はどうやって調べればいいの?

親が残した借金を背負わないための4つのポイント

もし単純承認をした後に借金が発覚したら、相続人同士で協議して返済しなければならず、金額によっては債務整理に陥る恐れがあります。

また、連帯保証人になっていた場合も引き継がれてしまい、本来の借主の返済が滞ってしまったら、督促されてしまいます。

こうした事態を防ぐためにも、相続放棄をするしないに関わらず、借金や連帯保証の有無はしっかり確認したいものです

まずは、個人の信用情報を管理しているJICC、CIC、全銀協に開示請求しましょう。
被相続者の配偶者か子、親であれば、どこでも可能です。

弁護士や司法書士に委任することもできます。

ただし、この3つに加盟していない債権者からの借金や連帯保証は分かりません。
契約書や借用書、請求書や督促状、通帳の引き落としなどから調べましょう。

もし調べている最中に債権者から連絡が来て、少しでも払うように言われても応じてはいけません。
それだけで借金を相続したとみなされるかもしれないためです。

 

ポイント4.
法律の専門家に依頼すると安心だけど

親が残した借金を背負わないための4つのポイント

相続放棄や限定承認は相続人だけでも手続きできますが、仕事をしながら準備をするのは大変です。
家庭裁判所で却下されると二度と手続きできないので、慎重な対応が求められます。
相続放棄や限定承認は借金というデリケートな問題を抱えているので、どんな債権者の窓口にもなれる弁護士に依頼するのが無難です。

ただし費用は、相続放棄で10万円ほど、財産や借金の内訳まで調査すると1.5~2倍くらいになります
限定承認は、相続人の数にもよりますが、最低でも数十万円です。

司法書士や行政書士なら、できる業務は限られますが、費用を抑えられる可能性があります。
どこまで依頼するか、借金を背負うリスクと比較して検討しましょう。

 

最後に…

  1. ほとんどの借金は死んでも帳消しにならない
  2. 相続放棄や限定承認で借金の相続を免れる
  3. 借金や連帯保証の一部は信用情報機関で調べられる

相続は、いずれ発生するものです。
ルールや手続きの流れを覚えておけば、たとえ借金が含まれていても、不利益を被らなくて済むでしょう。
速やかに手続きを進めるためにも、生前のうちに財産や借金の内訳を、しっかりと把握しておくのが理想です。

以上
「親が残した借金を背負わないための4つのポイント」
でした。最後までお読みいただき、ありがとうございました。