借金の返済が思うようにいかない方へ。

その月の返済額はしっかりと決めていますか?
月末の借金返済額を月初に決めておくことはとても大切なことなのです。

本記事では月末の借金返済額を月初にしっかり決めておくべき7つの理由をご紹介します。

 

月末の借金返済は月初に決めよう!7つの返済計画

 

返済計画 ①
「余ったお金で返済」は失敗しやすい

月々の借金の返済額はどうやって決めていますか?
返済がうまくいかないという方ほど返済額を決めていないという場合が多いです。

「月々の出費を抑えて余ったお金を返済にあてる」

出費を抑えてあとは全て返済に回す、ということはとても良い返済方法に思えますが、実際のところ金額を決めていないとなかなか月末までにお金を残すことができません。

お金を持ってしまうとついつい出費が多くなってしまいます。
人間は目標があれば頑張ることができますが、逆に目標を定めていないとついつい気が抜けてしまうのです。

月末に返済するはずのお金がまったく残っていない…なんてことになれば借金完済が遠のいてしまいます。
そうならないためにも返済額は月初に決めておきましょう。

 

返済計画 ②
返済期日の延滞を防ぐ

借金返済において最も重要なのは、延滞を防ぎ、予め決められている返済計画にそって返済していくことです。
多重債務や、収入に比して多額の借金を抱えている方の場合、焦ってしまって新たな借り入れや返済の滞りを引き起こしてしまいます。

結果的に延滞をしてしまうことや、借金を増やしてしまうことは、最も避けなければならないことです。仮に、完済が遠くとも、つつがなく返済していくことこそが重要なのです。
むしろ、最も重要なのは、ご自身の毎月の収支がプラスになることです。この点から、月末の借金返済額は、月初にしっかり決めておくことが重要なのです。予め決めておけば、最も避けなければならない延滞を防ぐことができます。

 

返済計画 ③
借金返済計画を立てやすくなる

そもそも皆さんが借金をされた原因は何でしょうか。

  • 事業の失敗
  • 詐欺にあった
  • 保証人になった

などが挙げられます。またそれらと同様に、金銭にルーズという方もおられるのではないでしょうか。
月末の借金返済額を、月初にしっかりと決めておくことは、この対策にもなります。

生活に必要な出費として、返済額を予め覚えておき、その分を分けておくこと。光熱費、家賃、通信費などと同様の出費として計上しておけばよいのです。

そうすれば、その月の収支を残りでやりくりすれば良いわけですから、生活への影響も減ることでしょう。さらに、お金のやりくりがうまくなって、返済どころから、貯蓄もできるようになるかもしれません。すべては、計画性です。

 

返済計画 ④
急な出費にも未然に対応できる

あらかじめ返済額を決めておき、その分を分けておけば、残った収入で他の生活や支出をまかなうことになります。
しかしながら普段生活をしていれば、急な出費というのは起こるものです。家電など、生活や仕事に必要な物が壊れ、買い換えが必要になること。人付き合いや冠婚葬祭での急な出費など。他にも出費は色々とありえます。

こういった出費に際し、返済金を予め決めておけば、対策も打ちようがあるものです。もしも、予め決めておかずに、急な出費が起こった場合、どちらかを選ばないといけない場合や、どちらも支払えない場合さえありえます。
予め決めておけば、返済金額と急な出費の選択ではなく、残りの収支で、急な出費をまかなえるかどうかになります。これは、全く状況が違います。厳しいことには変わりないかも知れませんが、計画性とはこれほどにも重要なものなのです。

 

返済計画 ⑤
お金を使う習慣が変わる

月末の借金返済額を月初にしっかり決めておくことの最大の恩恵や目的はお金の使い方を変えることです。

借金返済で重要なのは、返済と節約の習慣をつけること。
過剰な節約でなくとも、計画性を持たせ瑠殊は重要です。
やりくりに問題がなければ、別に完済が少し先でも問題はないのです。
むしろ、お金の習慣を変えて、少しでも次月への繰越金を増やしていくこと。

これが貯蓄や返済金、急な出費への対応用へと変わり、先々の生活を助けてくれることでしょう。まずは、計画性です。このために、月末の借金返済額を月初にしっかり決めておくことが重要なのです。

 

返済計画 ⑥
気持ちに余裕が生まれる

借金の返済生活を送っていると常に借金に追われ、少しの無駄使いも許されないというプレッシャーからストレスがたまりがちです。
最低限の出費以外を全て借金の返済にまわすことで早く完済したいという焦りも生まれます。

その結果

  • 食費を削る
  • 人付き合いを全て断る

などといった必要以上の節約をしてしまうことも少なくありません。

もちろん借金を返済することも大切です。
しかし食費を削り栄養失調から体調を崩して入院…なんてことになったら本末転倒です。

また人付き合いの中でストレスが軽減されることもあります。

無理な節約は必ずどこかで失敗してしまうものなのです。
無理のない返済生活を送るためにも返済する金額を月初めにしっかりと決めておきましょう。

 

返済計画 ⑦
計画的な返済は完済への近道

月初めに借金額を決めることで様々なメリットがあることをお伝えしてきました。
借金を早く完済するためには計画性を持って行動することが欠かせません。

しかし計画的になにかを継続するということは口でいうほど簡単なものではありません。

物事を継続するコツは

  • 完璧主義にならない
  • 成果が目に見えるようにする

この2つを忘れないようにすることです。

完璧主義でいると一度の失敗で全てを投げ出してしまうというケースが少なくありません。
一度の浪費でいちいち落ち込まず、次また頑張ろうとポジティブに考えていきましょう。

また成果が見えることによって今まで頑張ってきた自信とその頑張りを無駄にしたくないという気持ちが芽生えるはずです。
そのためにも領収書は必ずとっておき、返済残高が着実に減っていることを確認しましょう。

 

最後に…

  1. 余ったお金で返済することは失敗しやすい
  2. 延滞を防ぐ
  3. お金のやりくりを身につけよう
  4. 急な出費に対応しよう
  5. お金の習慣を変えよう
  6. 気持ちに余裕をもとう
  7. 継続して完済しよう

借金返済で重要なのは、返済計画通りに払うことです。
滞ってしまうと、信用情報に響いてしまい、利息も気になってしまいます。

これらの心配を減らし、つつがなく返済を続ければ、すぐ完済しなくとも、信用情報からの記載は消えるでしょう。
何よりご自身の金銭管理がうまくなっていることが大切です。

以上
「月末の借金返済額は月初にしっかり決めておく!7つの理由」でした。
最後までご覧いただきありがとうございました。