クレジットカード料金の支払い期日延長をお願いする6つの言い訳
クレジットカード料金の支払い期日延長をお願いする6つの言い訳

ショッピングや経費にクレジットカードを使用し、使い過ぎて支払いができそうもない人へ

カード会社へ電話をして支払い時期を延長して伸ばして欲しいですよね

そんな時、言い逃れできそうな言い訳をご用意いたしました。

 

クレジットカード料金の支払い期日延長をお願いする6つの言い訳

言い訳①
「身に覚えのない請求が来てるので確認をさせてください」

先手必勝のこころづもりで、催促の電話が来る前にこちらから思いきって電話をしてしまう方法です。もちろん身に覚えのない請求なんかはないはずですが、少し大きめの額を引き合いに出して、あえてとぼけてみます。「身に覚えのない請求が来てるので、使用日時と場所を詳しく教えてください」と頼み、適当なそれらしい使用履歴を伝えて、オペレーターと話します。その後で「こちらでも確認してみますので、◯月◯日まで時間をください。また連絡します」と頼み込んで時間を稼ぐ方法です。もちろん低姿勢を貫き、絶対に怒鳴り口調や横柄な態度はとってはいけませんよね。相手への好印象を保ちつつ、こちらから電話をすると約束した日までに資金繰りを考えましょう。

 

言い訳②
「次の給料日まで待ってください」

失業や生活苦を理由に、現在の財布の残高を伝え、ひたすら低姿勢を貫く方法です。支払う意思を伝えた上で、次にお金が入る日を嘘偽りなく伝え、誠意を示す常套手段ですよね。ただ単に期日を延長してくれというのでは、相手側も全体に食い下がります。支払い予定日を聞くまでは絶対に電話を切りませんよね。低姿勢を貫き、絶対に怒鳴り口調や横柄な態度はとってはいけないことと、会話はすべて録音されていると思った上で、オペレーターと話すことが良いようです。怒鳴り口調なんかで話した場合、オペレーターの判断一つで会話が録音され、その会話が「クレーマーフォルダ」のようなところに投げ込まれてしまうようです。あとは審査する側の判断で利用限度額の引き下げや利用停止などの憂き目にあってしまうことが想像できますよね。

 

言い訳③
「保険の一部を解約しています。解約返戻金が出る◯月◯日まで待ってください」

言い訳②で、給料の範囲内で支払うことが難しいようならば、思いきって保険の話を出してしまう超ハッタリの方法です。死亡保険金など、相手が「本当かな?」と疑ってしまうような種類の保険を言ってしまうのは危険ですよね。学資保険や積立型の保険など、途中で解約して解約返戻金が出るような種類の保険商品を伝えるのがいいようです。もちろん、本当に解約するわけにはいきませんから、自分で設定した期日までに別な方法での支払いを考えなくてはなりませんよね。あるいは「自動車を売りに出しています、代金が振り込まれる◯月◯◯まで待ってください」と自分の負債を片付けてお金を作り出す努力を伝えることも言い訳になりますよね。

 

言い訳④
「まずは◯月◯日までに◯◯円払いますから、延長してください」

3つ目までの言い訳を使ったけれどもどうしてもお金を工面できない!という時の一歩踏み込んだ方法です。催促する側はいつ支払うことができるかだけを知りたいわけですから、どんな言い訳をしても通用しませんよね。それよりは今手元にあるお金のうち、支払いに回すことができる額と支払い日を正確に伝え、残りの支払いを延長してもらう方法です。支払う意思があることと具体的な額を相手に伝えることがポイントのようです。支払い日が来るまでに残り額を返済する方法を考え、日付が来る前に再度カード会社に電話を入れて、さらなる延長をお願いします。こちらからアポイントを取って支払いの意志を伝えながら、勝手に分割にしてしまう方法です。最初に支払う金額は、無理をしてでも高めの金額が好印象ですよね。

 

言い訳⑤
「任意整理を考えています、返答のため◯月◯日まで時間をください」

これはクレジットカード会社にかなりのインパクトを与える内容です。もしかしたらこれを伝えただけで、一発利用停止を覚悟しなければならないくらいの言い訳です。それに、返答までに長い期間を確保することは無理ですよね。家族の入院や失業など、他にそれらしい理由を組み合わせて返済の意志を示しながらも任意整理をちらつかせ、時間を稼ぐ方法です。その後短期間のうちに再度電話を入れ、任意整理が必要なくなったことを伝え、言い訳②や③に移行し、さらに言い訳④を使う必要がありますよね。大変リスクの大きな言い訳ですが、ここぞという時に使ってみたい言い訳の一つではないでしょうか。任意整理が成功した場合、車や家を取り上げられることはないわけですから、言い訳③よりも先に使う必要がありますよね。

 

言い訳⑥
「◯◯に集金に来ていただけますか?」

6つ目はかなり非人道的な方法ですが、貸金業規制法21条第4項を逆手に取って訴訟を起こし、時間を稼ぐという方法です。法律には「債務者等の居宅又は勤務先その他の債務者等を訪問した場所において、債務者等から当該場所から退去すべき旨の意思を示されたにもかかわらず、当該場所から退去しないこと。」が禁止されています。例えば病院に入院中であるならば「入院中で振り込みができないため病院に来てくれ」と頼み、そこで期日延長のお願いをします。適度に時間が過ぎた頃に相手に退室を促しますが、具体的な返済期日を伝えるまで担当者は催促を続けるでしょう。これをすべて録音し、訴訟を起こすことによって時間を稼ぐことができます。これまでの5つの方法よりもずっと過激ですが、どうにもならない時に使うことのできる方法の一つと言えそうです。

 

最後に…

ここまで長文をお読みくださってありがとうございました。

少しでも支払い期日を伸ばすことができれば、夜に枕を高くしてぐっすり眠ることができますよね。

以上、「クレジットカード料金の支払い期日延長をお願いする6つの言い訳」でした。

ありがとうございました。