03 6233 7148からの着信があり不安な方へ
どのような人からの番号なのか知りたい!
本記事は子浩法律事務所との会話内容、支払いが遅れた場合の対処法をお知らせします。

 

03-6233-7148
お支払い催促コール
(子浩法律事務所)

03 6233 7148の心当たり

携帯電話のアドレス帳に登録がない番号からの着信は不安になります。
間違い電話の可能性もありますが、何回も同じ番号から着信がある場合、明らかに自分に用件があって電話を掛けてきている可能性が高いからです。

私は現在複数の会社でカードローンやショッピングを利用していますが、このような知らない番号からの着信は、督促電話である場合がほとんどです。

私は電話帳に登録してあるカードローンなどの会社の中から何件かの電話番号を調べてみましたが、思い当たる番号はありませんでした。

 

03 6233 7148の通話内容

そうしているうちに再度着信がありましたので、取りあえず03 6233 7148からの電話に出てみました。
「○○様ですか?こちら子浩法律事務所と申します。」
「今月のKDDI様の送金日についてご相談したいのですが」
どのような相談でしょうか?
「今月は月末が土日にかかりますので、その前の28日に送金をお願いしたいのですが」
私は、KDDIの携帯料金の未払いがあり、債権の管理を子浩法律事務所に委託されています。
私は、28日に送金済みだったため、その事を担当者に伝えました。
「昨日の27日に送金済みです。」
「分かりました。行き違いの電話だったようで申し訳ありませんでした。」
電話を切りました。

 

03 6233 7148からの着信を放置するとどうなるか

03 6233 7148からの着信を放置したままにしておくと、段々と電話が掛かってくる頻度が多くなります。
電話に出ず、連絡もしないでいると支払う意志も誠意もないとみなされてしまいます。
電話の相手はクレジット会社などではなく、法律事務所ですので、最悪の場合、裁判をされることで給料の差し押さえや、会社に知られる可能性もあります。

 

知らない番号からの着信への対応はどうするか

誰でも知らない番号からの着信はあまり気持ちの良いものではありません。
それが何度も掛かってくるようであればなおさらです。
もし、自分がキャッシングやカードローンを利用している場合には、取りあえず携帯電話に登録している番号に、着信があった番号と類似の番号が登録されていないかチェックしてみましょう。
登録されている番号と似たような番号からの着信の場合には、支払いが遅れた事による督促の可能性が高いです。
電話を掛けてくる相手は、用件があって電話しているので、いつまでも電話に出ないで着信を放置しておくのは相手の心象を悪くする可能性があります。
どうしても自分の携帯電話から電話するのに抵抗がある人は、非通知や公衆電話から電話してみましょう。
これなら自分の番号を知られずに電話の相手を確認することができます。

 

03 6233 7148のまとめ

  1. 03 6233 7148は子浩法律事務所の電話番号
  2. 支払いの相談は可能だが、あまり柔軟に対応してもらえない場合もある。
  3. 支払期日の翌日~2日後位から着信がある
  4. 着信を放置していると着信の頻度が多くなり、最後には支払いの意志がないとみなされる。
  5. 最悪の場合には、裁判で給料の差し押さえなどや、会社に知られる可能性もある。

 

最後に…

まずはしっかりと電話にでて、もしくは折り返しの電話をいれて現在の状況をしっかり伝えましょうね。

以上
「03 6233 7148お支払い督促コール(子浩法律事務所)」の記事でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。