この先、物の貸し借りを予定している方へ。

貸し借りの前に、この記事を読んで少し考えて欲しいことがあるんです。

本記事では、貸し借りの思い出から得た教訓を語ります。

 

貸し借りのトラブル体験談!実体験から得た教訓と解決方法

アーティストの初回限定生産CDを借りて得た教訓

古い記憶は中学生の頃でしょうか。
クラスメイトが、あるミュージシャンにとてもハマっていたんです。
そのミュージシャンに少しだけ興味のあった私は、彼女の持っているCDを借りました。

借りたCDの楽曲を十分に聴き込み、ミュージシャンが出演しているテレビ番組やラジオをチェックし最終的にはライブまで行くほど私はファンになりました。

感謝の気持ちを込めて借りたCDをクラスメイトに返したのですが、
問題はその後におきました。
CDを返却した数日後「貸したCDのジャケットに傷がついていた」
と言われてしまったんです。

彼女は怒ってはいなかったのですが、すごくショックを受けていました。
「ごめんね、弁償するよ」と申し出たのですが、断られました。
初回限定生産CDだったので、彼女にとってはその1枚がすごく大切だったのでしょう。
買って返せば済むという話ではありません。
それ以来、気軽に物を借りるのは怖くなってしまいました。

顔見知り程度の人に、ゲーム一式を貸して得た教訓

ある時、友達(A)とその友達(B)と3人で遊ぶことになりました。
お互いの名前は知っているけれど、喋った記憶もなく同じクラスになったこともない…そんな関係でした。

私は、あるゲームを持ってBの家に遊びに行きました。
Bの家ではゲーム一式がなかったらしく、とても楽しそうにゲームで遊びはじめます。
よほど楽しかったのでしょう。
私はBから「ゲームを借りたいんだけど」と言われ、貸しました。

”そんなに使っているものではなかったし、すぐ返ってくるだろう”
と思っていたのですが、これが甘かった。
お互いあまり知らない関係だったので、会う機会があまりなかったんです。

なかなか返ってこないゲーム機…私は貸したことを後悔しました。
ゲーム機自体はクリスマスプレゼントに買ってもらったもの。
遊ぶソフトはお小遣いや誕生日といった機会があるごとに徐々に増やしていった
私にとって、思い入れがあるものです。

数年後、Bは引っ越したと私は知りました。
ゲーム機は貸したまま、私の元に返ってきていません。

「返すから、お願い!」と言われて、ゲームの中でお金を貸す

社会人になってからネットゲームにハマっていました。
ネットゲームではゲームを有利にするためのアイテムが販売されています。
私は5000円~10,000円ほどのお金をつぎ込んでいました。

ゲーム内で知り合った人に
「今月ピンチで!500円でいいから貸してくれない?来月返すから、お願い!」と言われます。
そのゲームでは、現金をゲーム内で使えるお金に換金して使えます。
”ゲームで使えるギフト券を買う”といえばわかりやすいでしょうか。

その申し出を聞いた私は
「自分が楽しめる範囲でゲームをすればいいのに…」と思ったのですが
「小額くらいならまぁいいか」と思い彼女にお金を貸しました。

それから1ヶ月経過しましたが、お金は返ってきません。
忘れているのか…それとも返すつもりがないのか…。
こちらから催促するのは心苦しいので、しばらく様子を見ていたのですが
その後彼女はゲームにログインすることがなくなり、お金は返してもらえませんでした。

貸し借りの際にトラブルを防止するための対策とは?

物の貸し借りによってこれまで私が体験してきたいろいろなトラブル。

揉め事を起こさず、気持ちよく物の貸し借りをするためにはどうすればいいのでしょうか?
今回、対策を考えてみました。

・期限を決める

貸し借りをしたものがなかなか帰ってこない場合や、あろうことか借りたものを紛失する
期限がしっかりと決められていないからなのでは?と思いました。

レンタルショップもきちんと期限決められていますよね。
しっかりと期日を決めておきましょう。
もし、言いづらい場合は
「次は●●さんに貸す予定が入っているから」と言ってみてはどうでしょうか。

・いっそのこと貸さずに”あげる”

これは自分が物を貸す場合にのみ有効な方法になりますが、
ネットゲームでお金の貸し借りを経験した私は
「貸したお金は帰ってこないと思うようにしよう」と教訓を得ました。
500円でお金の貸し借りに関することが学べたのですから、
安い授業料で済んで良かったと思うようにします。

物を貸し借りすることで、新たな趣味が開花できたり
知らなかった楽しみを知れたりと良い面もあります。
一方で、気が乗らない貸し借りの場合や貸し借りをしたものが大切なもの出会った場合
トラブルになってしまうと大モメしてしまい、最悪の場合人間関係にヒビが入ってしまいます。
物を貸し借りをする際には、よく考えてなおかつ対策をしっかりと考えておきましょう。

以上
「貸し借りのトラブル体験談!実体験から得た教訓と解決方法」でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。