今すぐ現金が必要で借金を考えている方へ。

銀行系カードローンと消費者金融、どちらを利用するべきなのでしょうか?

本記事ではそれぞれの特徴と違いについて説明していきます。

 

 

銀行系カードローンと消費者金融 どちらを利用すべき?徹底比較

ポイント1.
限度額で比較する

銀行系カードローンと消費者金融では、借りることのできる金額に大きな差があります。
消費者金融には貸金業法という法律が適応されるため、「総量規制」により貸し出すことができる金額が制限されています。

総量規制には、年収の3分の1までしか貸し出すことができないと定められているため、年収450万円の人であれば150万円までしか貸し出すことはできません。

一方、銀行系カードローンには銀行法という法律が適応されるため、総量規制の対象外となり年収の3分の1までという縛りはありません。
そのため、どうしても年収の3分の1以上の金額で借り入れを考えている場合には、消費者金融よりも銀行系カードローンの方がおすすめです。

ただし、借り入れの金額が制限されないということは、返済能力を超えて借り入れすることが可能とも言い換えることができます。
大きなお金を手にすると、それが自分のお金でなくても気が大きくなり、使い過ぎてしまうことがあります。

銀行系カードローンを利用する場合には、返済できる範囲内で借り入れするようにしましょう。

 

ポイント2.
金利で比較する

では銀行系カードローンと消費者金融を金利で比較した場合は、どちらがお得なのでしょうか?

消費者金融で借り入れを行った場合、金利は15~18%で設定されているところが多いです。
例えば100万円借りたとすると、単純計算で年間15~18万円の利息を支払うことになります。

銀行系カードローンの場合、借り入れする金額にもよりますが、金利は15%以下になるところが多いです。
銀行系カードローンで100万円を年利12%で借り入れした場合、年利は12万円となり、消費者金融と比較すると3~6万円お得となります。

また、銀行系カードローンでは借り入れできる限度額を上げることにより金利を低くすることができます。
できるだけ金利をおさえたい人は、銀行系カードローンの限度額を大きくすることがおすすめです。

 

ポイント3.
審査で比較する

では、銀行系カードローンと消費者金融を比較した場合、どちらが審査に通りやすいのでしょうか?

イメージでは、銀行系カードローンよりも消費者金融の方が審査に通りやすいと思われがちですが、現在の消費者金融は大手銀行の傘下に入っているところが多いため、審査に大きな差はないのが現状です。

しかし、実際に同じ条件で申し込んでも、銀行系カードローンは落ちたけど消費者金融では借り入れできる場合や、消費者金融のA社では借り入れできなかったけど、B社では借り入れできたというケースもあります。
ですので、1社落ちたからといって諦めずに他のところにも申し込んでみることをおすすめします。

銀行系カードローンの審査に落ちた場合、その銀行と提携している消費者金融には審査を申し込んでも通らない可能性が高いです。
例えば、セブン銀行のカードローンに落ちた後に、提携しているアコムに申し込んでも審査に落ちる可能性が高いです。
その他の消費者金融に申し込んだ方がよいといえます。

 

ポイント4.
借り入れできるまでの時間で比較する

現金が急に必要になった場合、すぐに借り入れできるのは銀行系カードローン消費者金融ではどちらが早いのでしょうか?

借り入れできる早さで比較した場合、銀行系カードローンよりも消費者金融の方が借り入れできるスピードが早いです。
銀行系カードローンは保証会社に審査を依頼することが多いため、どうしても時間がかかってしまい、即日融資が難しいです

特にその銀行に口座を持っていない場合は、まず即日融資は難しいといえるでしょう。

一方、消費者金融の場合は銀行系カードローンに比べ審査する時間が短いため、即日融資可能なところが多いです。
また、消費者金融には30日間金利無料キャンペーンを行っているところもあるため、早めに返済できる予定のある方にもおすすめです。

 

最後に…

銀行系カードローンと消費者金融について比較してみました。

まとめると金利や限度額を重視する方は銀行系カードローン、審査や融資スピードを重視する方は消費者金融がおすすめといえます。
ぜひ参考にしてみて下さい。
以上、
「銀行系カードローンと消費者金融、どちらを利用すべき?徹底比較」
でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。