thinhan / Pixabay

ご年配の方で、自分の息子や娘にお金を借りることができず、孫しか頼る相手がいないという方へ

いずれ財産を贈与する予定ならなおさら、関係性を壊さずに安心してお金を借りたいものですよね

本記事では孫にお金を借りるためのセリフとその説明をご紹介いたします

 

孫にお金を借りたい!そんな時におすすめの口実8つ

 

口実①
「病院へ行くためのお金を貸してほしい」

歳をとれば病院へ行く頻度も上がります。タクシーなどの交通費や治療費、薬代など保険を使ってもそれなりの金額になる場合に使える口実です。

子供ではなく、孫に対して要求するので口外されない程度の少額にしておくと、「両親には言わない方がいいかもしれない」と孫が判断し、暗黙の了解として貸してくれやすいですよね。

 

口実②
「ギャンブルで大負けしてしまった」

年寄りの娯楽は限られてきます。パチンコ屋や競馬などで負けてしまったことを理由に、孫からお金を借りることは難しいように思われますが、ここは思い切って自分の子供達には恥ずかしくて言えないということを伝えると信頼を得やすいでしょう。

孫のなかには、父や母よりも頼りにされていると勘違いする方もいるため、少額であればすぐ貸してくれそうですよね。

 

口実③
「一緒に旅行に行きたい」

大好きな孫のために、一緒に旅行に行こう。そのための計画でお金が必要になるということを伝えます。借りる側としては、年の功を使って旅行の醍醐味を教えたり、孫を大切に思っていることを表現すると貸す側も悪い気はしません。

あくまで自分の為ではなく、孫のためにやっていると思わせることがポイントです。孫が学生までの年齢の場合に限られそうですよね。

 

口実④
「嫁の医療費を出してほしい」

その①と近いですが、配偶者を引き合いに出すことで、借金することに対する正当性を強調します。

自分だけでは何とかできないし、子供たちも相談に乗ってくれない。もう孫しか頼れる人がいないと訴えれば、血の繋がりがある分説得力も増すでしょう。嘘を交える場合は配偶者の健康状態や、子供達との関係性に注意してください。

 

口実⑤
「三世帯住宅建築の工事料金が足りない」

子世帯、親世帯、祖父母世帯の三世帯が同居する住宅を作るための費用を、借金の口実にします。家族としての利点を最大限に活かした言葉であり、子育てと介護の両立や、経済状況の共有、節税などメリットも大きいため、真っ当な意見として相談しやすいでしょう。

自分の子供を味方につければ、さらに孫から借りることも容易になります。催促の容易性、借入額共にトップクラスの口実です。

 

口実⑥
「自分の子供にプレゼントをしたいから少し援助をしてほしい」

自分にとっての子、孫にとっての親である存在に対しての贈り物は、誰が見てもおかしいものではありません。日頃から世話になっているお礼として、お互いが出資してプレゼントを購入する。

例えば10万円のプレゼントを費用折半して渡す計画なら、5万円を借りて8万円の物を購入すれば2万円が自分の懐に入ります(孫が5万円出してくれる為、自分は3万円の出資で済む)。

領収書はすぐに処分してしまいましょう。問い詰められた時には、大事なのは金額ではなく気持ちだと言いながら、子供を味方につければ孫は反論できなくなるはずです。

 

口実⑦
「年金で返すから」

年金を受給している方なら、この口実が最もポピュラーかもしれません。確実に受給できる収入源ですので、孫も安心してお金を貸してくれます。

消費者金融の審査に通らなかったり、子供達からも借りられない時にはこの手段で孫に催促すれば問題なく交渉できるでしょう。年金は2ヶ月に1回の支給ですから、安定した返済計画をあらかじめ伝えておく必要がありそうですが、借用書などと組合わせるならば信用度も増すことでしょう。

金融機関では年金を担保とした借入れ制度がありますが、そのことを孫が知らない場合に限ります。

 

口実⑧
「このままでは生活保護を受けることになる」

「金を貸してくれないなら生活保護申請する」という脅しのニュアンスを含ませた口実で、孫の社会的地位やプライドに対して訴えかけるセリフです。

生活保護の申請をした場合は、扶養義務調査というものが行われます。直系血族及び2親等以内の親族に対して援助が可能かどうかを調べる必要があるため、孫もその範囲に含まれます。調査内容は福祉事務所により異なりますが、世間に「生活保護申請をした事実が知られてしまう」という恐れもあるため、正直止めてほしいところでしょう。

家庭崩壊のリスクを伴うので、どうしてもお金が必要でない限りは使わない方が無難です。

 

最後に

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。

ご自身の息子や娘との関係を崩さず、かつ愛する孫との関係をしっかり保ちながら、お金の危機を乗り越えられると良いですね。

以上、「孫にお金を借りたい!そんな時におすすめの口実8つ」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。