クレジットカード

現金が必要なのに足りなくて、借りるしか方法がなく、クレジットカードからお金を借りれないか考えている方へ。

可能なら消費者金融ではなくクレジットカードで借り入れたいですよね。

本記事ではクレジットカードでお金を借りる時に必要な口実をご紹介します。

 

クレジットカード会社にお金を借りる8つの口実

 

口実①
「旅行に行きたい」

レジャー目的でお金を借りたい時に使える口実です。

トラベルローンとも呼ばれ、旅行会社や一部クレジット会社も扱っている制度なので、手持ちのクレジットカードを発行している会社に問い合わせてみると良いでしょう。

 

口実②
「キャッシング枠を申請したい」

どのクレジット会社でも、ショッピング枠とキャッシング枠が設定されています。

クレジットカードを作成する時、一般的にはショッピング枠を利用するために申請しますが、その時にキャッシングの枠も申請しておくと良いでしょう。

もし審査に問題が無ければ、こちらが何を言わずとも勝手に数十万円の枠が設定されているはずなので、借り入れの申請を行わずともATMなどからお金を引き出せます。

 

口実③
「今すぐ現金が欲しい!キャッシング枠を増やしてくれ!」

消費者金融や銀行カードローンでも、即日融資を取り扱っている会社は多いですが、それでも本人確認や個人情報の記載などが必要となってきます。

1分1秒でも惜しいほど切羽詰まっている状況を演じながら、クレジットカード会社のデスクに電話しましょう。

審査の結果にもよりますがキャッシング枠を増額できればあとはATMで引き出すだけ。借り入れの口実としてとにかくすぐにお金が必要と謳うことで数分から数時間で現金を手に入れることが出来ますよ。

 

口実④
「私は学生ですが、学業に使うお金が必要です」

もしクレジットカードを持っている学生の方なら、利用枠が少ないにせよキャッシングできる可能性は非常に高いです。

特に、学生でカードを所持できているということはその分、信用情報も良いと判断されやすいため、5万から10万円程度なら十分借り入れをしやすいと言えるでしょう。

その際に、あくまで学生の領分に則ったセリフを使うと、審査にも良い影響が出ますよ。

 

口実⑤
「年収が増えたのでキャッシング枠を増加してほしい」

顧客の属性が変化するとより借り入れがしやすくなります。その特性を使って、年収が増えたことをアピールすれば、クレジットカードでの借り入れも容易にできるでしょう。

ポイントしては、給与明細や源泉徴収票などを使って客観的に判断できる材料を用いることです。この時、原則として公的なものを使うことが推奨されますが、実際は虚偽の申請も多く、それを見破る方法は少ないためウソをつくと言う方法もあります。

例えば、直近3ヶ月分の給与明細を提出する際に本物の給与明細と似せたものを作ったとしましょう。明らかにおかしい金額でなければそれを判別することはできませんよね。

どうしてもお金が欲しいためにそういった方法をとることも可能ではあります。もちろん、ばれてしまった時のペナルティとしてカード利用不可はおろか、最悪の場合、詐欺として訴えられることもあるので注意が必要です。

 

口実⑥
「海外旅行で外貨を使いたい!」

クレジットカードのキャッシング枠は海外でその真価を発揮します。

現地でのATMから外貨をそのまま引き出すことが可能なため、両替の手間なども必要なくスムーズにお金を借りられます。

そういった利点を当然クレジット会社も理解しているため、借りる側と貸す側のお互いが有益な状態になるところがポイントです。口実としては言いやすく、融資する側としても貸しやすいセリフと言えるでしょう。

 

口実⑦
「そちらから増額のお誘いが来たんだけど」

クレジットカードを利用していると、時折、電話やメール、封書などで増額をしませんかというお知らせが届くことがあります。

あくまで、審査は必要ですが、通常よりも借りやすくなっている状態であることは間違いないのでこちらから連絡をしましょう。

その際に、「そちらから連絡が来たから」というところを主張して、キャッシング枠の増額を申請すれば通りやすくなります。自分からお願いするのではなく、相手からの提案に乗っているので、口実としては最も使いやすい物と言えます。

 

口実⑧
「クレジットカードを現金化したい!」

前提として、絶対にクレジット会社へこのセリフを伝えないようにしましょう。カード規約にも違反していますし、法的にもグレーです。

クレジットカードでお金を手に入れる最終手段として、現金化業者にこのセリフを言えば容易に現金が貰えます。

もちろん、カード決済をしているのでいずれは返済をする必要がありますが、即日に現金が欲しい人で、かつ口実を考えたくない人には有効な手段と言えますね。

お金を借りるにはそれ相応の覚悟と言葉が必要ですが、この方法なら提供してるサービスを利用しているだけなので心も痛みません。

しかし、リスクは非常に高く、カード利用停止からブラックリスト化も免れない恐れがありますので、利用には注意が必要です。

 

最後に…

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。

参考になりましたでしょうか?日々のクレジットーカードの信用取引履歴がものをいう正念場ですが、先ずは恐れずに質問するような感覚でカード会社に電話して確認してみましょう。本当に困っていることが伝われば、きっと助けてくれるでしょう。

以上、
クレジットカード会社にお金を借りる8つの口実」でした。最後までお読みいただき、ありがとうございました。