義理の親にお金を借りたい!そんな時におすすめの口実5つ お金を工面するのに困っており、借りられそうな相手もおらず、借りるあてが義理の親しかいない!という方へ。 「貸してください」とは言いにくい相手ですから、借りたあとのお礼も考えなければなりませんよね。 本記事では義理の親にお金を借りるためのセリフとその説明をご紹介いたします。  

義理の親にお金を借りたい!そんな時におすすめの口実5つ

 

その① 「マイホームを建てるために援助してほしい」

結婚して家族が増えれば、居住の質も上げていきたいもの。 住む本人はもちろん、これから増える子供や肉親、義理の親のためにも良い家が欲しいですよね。そのための借金をするのなら、家族全員への恩恵があるため、比較的切り出しやすく、また大きな金額を借りることができる口実です。  

その② 「税金が払えないから助けてほしい」

税金が払えない場合、住んでいる場所はもちろん、勤務先などにも連絡が行き、第三者に知られてしまう恐れがあります。 他人の目に触れることを強調すると、プライドの高い義理の親はまるで自分の失態のように感じてしまうため、貸してくれる可能性が高まるかもしれません。そこまで大きな額は望めませんが、例えば健康保険料や住民税などは督促状が頻繁に来るため、証明しやすい口実だと言えます。  

その③ 「自分の両親の借金や病気のために貸してほしい」

肉親への援助を理由に、義理の親へ借金する方法も有効です。 通常の家族ならば結婚するために顔を合わせているはずなので、お互いの事を認識しているはずですよね。なおかつ義理の息子、娘に対しての体裁、そして自分の息子、娘に対しての体裁もあるはずなのでお金を借りることもスムーズでしょう。快気祝いなどが届くこともあるでしょうから、話を合わせておく必要がありそうです。  

その④ 「連れ子のためにお金を借りたい」

限定的なケースですが、結婚した相手に連れ子が居た場合は最も有効な口実と言えるでしょう。 再婚または初婚でも、どういう理由であれ、子供がいる婚約者との結婚は簡単なものではありません。従って本人やその親がそこに負い目を感じている場合、弱みを利用した口実です。自分の孫は可愛いもの。それを最大限に利用した催促なので非常に借りやすい状況に持ち込めることでしょう。学校や冠婚葬祭、旅行やプレゼントなど金額・期間を決めやすいところも大きなメリットです。  

その⑤ 「新しくできた子供のためにお金を借りたい」

その④と似ていますが、こちらは新しくできた子供へのお祝いや準備金などを理由にすることです。 良い関係を築けていればいるほどお金を借りやすいため、この方法を使うことが一番簡単だとも言えますが、子供が出来なければ使えない口実のため、ある程度限られてくるセリフです。もし、相手に連れ子がいた場合はその④と併用することができるので、より大きな金額を要求しても承諾される場合が多いです。  

最後に

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。 義理の親は、遠いようで近い存在ですし、良い関係が築けているならば経済的にも頼りになりますよね。期日通りに返済できるような口実をつけたいものです。 以上、「義理の親にお金を借りたい!そんな時におすすめの口実5つ」でした。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。