銀行カードローンを使ってお金を借りたい!そんな時におすすめの口実5つ カードの利用額が増えてしまった方で返済期日が迫っており、借りるあてが銀行カードローンしかない!という方へ。 どんな使い道を伝えれば、銀行から即日融資を受けることができるのでしょうか。 本記事では銀行カードローンを使ってお金を借りるためのセリフとその説明をご紹介いたします。

銀行カードローンを使ってお金を借りたい!そんな時におすすめの口実5つ

その① 「家を買うためのローンを組みたい」

銀行カードローンの一つとして、住宅ローンがあります。 これを使ってお金を借りる人は多く、理由としても真っ当なものなので利用しやすいと言えるでしょう。家の建築や購入、外構工事など家屋そのものに対する資金から、土地の購入や法務局への登記資金、プランによっては家具などの購入費用もそれに含まれます。 衣食住の中でもより大きなお金が動く居住のカテゴリーなので、その金額はかなりのもの。その分、準備は必要ですが引き出せる額も多いようです。

その② 「リフォームローンを使う」

自宅のリフォームをするからお金が必要になるという口実です。 登記が必要なほどの大規模工事は、その①の住宅ローンに当てはまりますが、内装の工事や改装などは登記の変更が必要ないため、リフォームローンを使ってお金を借りることも出来ます。 特に、住宅ローンと違う点として、金額の上限は下がりますが、土地などの担保が必要ない無担保住宅ローンを使えば審査にも通りやすく、審査期間も短いためお勧めです。

その③ 「自動車ローンを使う」

今はディーラーでローンを組んで車を購入する方がほとんどですが、そのローンは車本体だけが一般的です。 しかし、銀行カードローンの中でも自動車ローンであれば、車体はもちろん車検費用や修繕費用、カーグッズなど車に関するあらゆる面において融資をしてくれます。 住宅などを購入する予定はないという方でも借りやすいセリフの一つと言えそうです。車検の時期がくるたびに自動車を新車に買い換え、常に月々の返済を済ませながら自動車に乗っている方が多いですよね。

その④ 「教育ローンを使う」

子供が大学を卒業するまでに必要なお金は2000万円から3000万円と言われています。 そのため、教育ローンという制度を利用する方も多く、子供がいる家庭ならまず検討したい口実の一つです。注意点としては子供への仕送りや引っ越し先の居住費など、その使い道により借りられないケースも多いため、前もって確認しておく必要があります。 一般的には高等学校より上への進学(入学金や授業料)で借りる方が多いですよね。

その⑤ 「理由は特にない。それでも借りたい!」

一見すると口実でもなんでもない、ふざけたセリフですが、上記のどのケースにも当てはまらない時や、少額での借金をする場合には選択肢の一つとして挙げられる文言です。 というのも、あくまで銀行カードローンの場合、借りたい側が問題なく返済できるかどうかが最も重要になってきます。そのため、必ずしも理由が必要というわけではなく、フリーローンでの「使途未定」という内容で審査が下りることもあります。 何に使うかは特に考えていないが、ある程度まとまったお金が欲しいと正直に伝えることも場合によっては有かもしれません。

最後に

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。 銀行カードローンは消費者金融から借りるよりは安心出来ますが、「個人信用情報」は全国銀行協会やCIC、JICCに登録されます。信用情報を傷つけることのないように、期日通りに返済したいものですよね。 以上 「銀行カードローンを使ってお金を借りたい!そんな時におすすめの口実5つ」でした。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。