消費者金融にお金を借りたい!そんな時におすすめの口実5つ

お金に困っており、借りられそうな相手もおらず、借りるあてが消費者金融しかない!という方へ。

相手は消費者金融ですからそれ相応の理由をつけて、「安全第一」にお金を借りたいですよね。

本記事では消費者金融にお金を借りるためのセリフとその説明をご紹介いたします。

 

消費者金融にお金を借りたい!そんな時におすすめの口実5つ

その①
「冠婚葬祭の為」

一般的な消費者金融への借り方の一つとして、冠婚葬祭への費用が挙げられます。

自分もしくは他人の結婚式や葬式に出る時、およそ数万円程度かかりますから、あっという間にお金が無くなってしまいます。そういった場合に使える口実です。

ただし、口実としてウソの情報で「よくある身内の不幸」を何回も使用することはお勧めしません。必ずどこかでボロが出てしまうようです。問いただされることは少ないですが、証明の手立ては確保しておく方がベターでしょう。

その②
「自動車免許の取得のために」

普通免許を取得するには通常、講習を受ける必要があるため自動車学校への入学が必要です。

その金額はおおよそ30万円程度。すぐに用意するのは難しい人も多いため、この理由で申請する方も多いです。私も20歳の頃、契約が可能になった歳にすぐ消費者金融へこの文言で借り入れをしました。その時はアルバイトだったのですが、即日、融資が下りたので助かった記憶があります。

若い方は審査に不利な面もあり得ますが、至極真っ当な理由の為、使いやすいセリフと言えるでしょう。

その③
「金額の大きいものを購入する為」

車や嗜好品、趣味に使う道具など、物によっては数十万円から数百万円の品物を購入する時に使う口実です。

どうしてもその品物が欲しいというセリフは、あくまで一時的なものに過ぎないはずなので消費者金融への借り方としては有効です。

ある程度、具体的にどういったもので、どれくらいのお金がかかるのか、手出しはいくらになるのかなど、あらかじめ計算しておくと良いでしょう。

その④
「引っ越し料金を支払うため」

住んでいる場所や引っ越し先、持って行く荷物の量などにもよりますが、引っ越し料金はそう安くはありませんよね。

場合によっては数十万円の出費となりうることからも、消費者金融への口実としては有効です。

さらに言えば、断続的に引っ越しをすることはまず無いため、突発的なものであるとみなされやすく、債権者としても貸すことに不安を覚えにくいというメリットもあります。

その⑤
「当日の予定でお金がいるから」

いわゆる少額取引の時に使いやすい文言です。

デートや飲み会など必要な数万円を借りたい時に使えるセリフで、借りたい側もそこまで考えずにお金の催促ができます。

10万円までの取引であれば大きな理由は必要なく、その日だけお金が要るという点をアピールすることで借りることができるようです。また、元金が少ないため利息が小さくて済む、あるいは一括での返済ができるというメリットがありますよね。

最後に

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。

消費者金融から借り入れすることは大きな不安がつきものですし、借りやすいだけに自己管理が必要になりますよね。もちろん、借りないことが一番であって、借りたとしても期日通りに返済することが大切です。

以上、
消費者金融にお金を借りたい!そんな時におすすめの口実5つ」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。