親にお金を返せない時に使える言い訳は?支払いを先延ばしにするセリフ8選

親からお金を借りている方で、返済の約束日になっても返せる余裕がない!という方へ。

親ですから少しは大目に見てくれそうですが、踏み倒したくはありませんし、穏やかに返済期日を伸ばしてほしいですよね。

本記事では親に借りたお金を返せない時のセリフとその説明をご紹介します。

 

親にお金を返せない時に使える言い訳は?支払いを先延ばしにするセリフ8選

 

その①
「もうちょっと待ってくれ」

文字通り、もうちょっと待ってほしい時に使える言い訳です。

支払う意思を見せつつ、すぐには払えないが、時が来たら払うという意味を込めて言っているので、親としてもしょうがないかという気持ちになりやすいため、使いやすいセリフです。

 

その②
「倍にして返す!」

あまりに信用がない場合だと、「どの口がそんなことを言うんだ」と怒られるパターンもありますが、返せるアテがあったり、意気込みを示したい時に使える口実です。

どうやって倍にするのか聞かれた時にギャンブルと答えることのないようにしましょう。

 

その③
「この仕事でうまくやるから」

親としては子供が頑張っている時にあまり水を差したくないものです。

会社員や自営、フリーターなどどんな形態であっても、借りた分を返そうと頑張っている姿勢を見せれば、支払いの延長も認めてもらいやすくなりますよね。

 

その④
「計画書を作ってきたよ」

たとえ親であっても、お金を借りた以上は債権者と債務者の関係です。

そのため、金融機関以外であっても返済計画書の作成は有効と言えるでしょう。一緒にお金を返していくことに対して向き合うため、親としても安心と信頼を覚えますし、多少の無理は聞いてくれます。より長いスパンでお金を返していこうとする時に便利です。

 

その⑤
「どうしたらいいかわからない」

考えることを放棄して、自分ではどうしようもないとアピールすることも支払いを延長する時に使えるセリフの一つです。

無い袖は振れませんので、貸した側に意見を求めるという手段ですから、こちらには何のデメリットもありません。親がなんとかしてくれるタイプの家庭ならこれだけで十分通ります。

 

その⑥
「突発的な支出が多くて…」

職場や学校、友人、恋人との付き合いにおいて、お金はつきものです。

そのため、急な出費が発生することも十分考えられます。その①と同じく、支払の延長をお願いしたいが、理由を聞かれても言えない時に使える口実です。間違っても贅沢品や無駄使いをしていることを伝えないようにしましょう。

 

その⑦
「分割にしてほしい」

オーソドックスで使いやすい言い訳の一つに分割返済が挙げられます。

借りた相手に限らずどの場面でも用いられますが、こと親に至っては理解してくれる可能性も非常に高いためお勧めです。

通常の貸し借りでは難しい少額での返済も、血の繋がりがあるからこそ実現できることも多いため、本当に少ない金額でも返していくという心構えをアピールしましょう。

 

その⑧
「近所の人に借りてくるね」

「行ってらっしゃい」と答えられるか、「ちょっと待て」と止められるか二つに一つです。

相手の立場を利用した手段としては効果的と言えます。特に、地元でコミュニティが形成されていればいるほど、恥を感じる親も多いため、支払いの延期に対して甘くなる可能性が高いでしょう。1人暮らしの方だと使いにくいですが、実家暮らしの方なら言ってみる価値はある一言です。

 

最後に

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。

「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉がありますが、血の繋がりが深いだけに、言い訳選びは慎重にしたいものです。

以上、
親にお金を返せない時に使える言い訳は?支払いを先延ばしにするセリフ8選」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。