銀行カードローンでお金を返せない時に使える言い訳は?支払いを待ってもらうための8つのセリフ

銀行のカードローンを使ってお金を借りている方で、返済の約束日になっても返せる余裕がない!という方へ。

借りたお金の使い道を丁寧に伝え、穏やかに返済期日を伸ばしてほしいですよね。

本記事では銀行のカードローンを使って借りたお金を返せない時のセリフとその説明をご紹介します。

 

銀行カードローンでお金を返せない時に使える言い訳は?支払いを待ってもらうための8つのセリフ

その①
「家賃の引き落としと重なってしまった」

家賃の引き落としが先に入ってしまい口座にお金が無く、払えないという言い訳です。

真偽は別として、手元にお金が無い状態であればどうしようもないため、うっかりしていたことを伝えると相手も支払いを待ってくれます。しかし、支払い口座がお金を借りた銀行口座の場合には、嘘をつく事ができません。

その②
「会社の勤務体系が変わり、残業代が減った」

収入が減ってしまう言い訳は多いですが、いずれにしても相手に良い印象を与えることはありません。

しかし、想定していた給料が変わってしまえば返済プランにも影響が出ます。残業代が減ってしまうことは少なくとも1ヵ月前には予想できるはずですので、あらかじめ来月もしくは再来月の返済が難しいかもと伝えておくと、銀行もプランの変更や支払の先延ばしに応じてくれる可能性が高いですよね。

その③
「急な体調不良で銀行に行けなかった」

病気や怪我ほどではないが、動くことが難しい状況を演出することで向こうの同情を誘う口実です。

長期的な言い訳としてしまうと、今後の返済にも関わってくるので2、3日程度の風邪などがベターでしょう。あまり長い先延ばしは無理でも、短期的な支払いの延長として伝えやすい言い訳です。その数日の間にお金を工面しないといけません。

その④
「次からは気を付けます」

下手な言い訳を考えるのではなく、こちらの不備を全て認め、次こそは大丈夫ですと伝えると銀行としても言い返せません。

ある意味で最も有効な言い訳です。そう何度も使えるセリフではありませんが、今回はたまたま返済できなかったので、次回はしっかり返しますという正直な言葉は何よりも相手に伝わりやすく、こちらの心も痛みません。

その⑤
「子供の学費のために使ってしまった」

子供がいるならば、そのために使ってしまったという言い訳も通用します。

融資の担当者も人間なので、子供に対しての出費はやむを得ないと捉えることも多く、返す側としても仕方がないでしょうという気持ちになれます。ただし、あくまで心情の問題であり、契約は契約ですので返済の意思も合わせて伝えることが大切です。

その⑥
「家の修繕費に使ってしまった」

イレギュラーが発生したために払えなかった言い訳の一つとして、家のトラブルが挙げられます。

例えば、トイレが詰まった、アパートで水漏れが発生して他の部屋にも迷惑が掛かってしまったなんてことが起こった場合は早急に解決しないといけませんよね。そういった突発的な事情であれば、伝える方も楽ですし銀行も同情してくれることでしょう。

その⑦
「車の修理代で使ってしまった」

その⑥と同様、突然の事故やイレギュラーは仕方のないことです。

特に自営業の方で、仕事で使う車が故障してしまったのであれば、直さざるを得ません。なぜなら車がなければ仕事ができず、給料が入らないため、お金も返せないからです。この理論で行けば、銀行側に返済の意思がしっかり伝わるので支払いの先延ばしにも応じてくれる場合が多いようです。

その⑧
「家族に盗られてしまった」

家族や友人、恋人など自分と近しい人にお金を盗られてしまうケースも言い訳として使えます。

返済しようと思っても、手元にお金がないため払えないと言える状況に陥ってしまったと伝えましょう。生活に影響を及ぼす状況なので、返済日の延長を検討してくれる可能性が高いです。その代わり、人間関係の不安定さは伝わってしまいますよね。

最後に

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。

銀行は、住宅ローンなどの大きなローンを組む時にお世話になる機関ですから、カードローンくらいで信用を失いたくはありませんよね。もちろん、借りずに済むならば借りないことが一番であって、期日通りに返済することが大切です。

以上、
銀行カードローンでお金を返せない時に使える言い訳は?支払いを待ってもらうための8つのセリフ」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。