親からお金を貸してと言われて承諾する優しい言葉と厳しい言葉計8選

親にお金を貸してくれとせがまれた方で、承諾して貸してあげようとお考えの方へ。

無心されているのかは別として、親に何か一言は言いたいですよね。

本記事では親からの借金督促を承諾する優しい言葉と厳しい言葉をご紹介します。

 

親からお金を貸してと言われて承諾する優しい言葉と厳しい言葉計8選

 

優しい言葉4選

「今度は私が助けるよ」

今までお世話になった親への感謝の気持ちを一緒に伝える言葉です。

お金を借りようとしている親の心情を考え、それを踏まえた上で育ててもらったことへの恩返しを含んでいます。きっと喜んでくれますよ。

「絶対に返してくれるから貸すよ」

親への信頼を込めつつ、必ず返してもらおうという気持ちも伝える言葉です。

子供にお金を借りる時は返そうと言う気持ちをしっかり持っているはずですので、このセリフはとても嬉しく思う事でしょう。

「いいよ!」

飾らずに、そのまま承諾することも、親子だからこそできるやり取りかもしれません。

だからこそ一言「いいよ」と伝えるだけでその優しさが伝わります。良い笑顔で言ってあげるとさらに嬉しい気持ちになりますよね。

「親子なんだから遠慮しないで」

その③以上に、血の繋がりがあることを意識した一言です。

申し訳なさそうに伝える親に対して、遠慮せずに頼ってほしいと答えることで、より気持ちが楽になることでしょう。さらに、これからも良い関係を築いていきたいという願いも込められています。優しさの溢れるセリフですね。

 

厳しい言葉4選

「二度と顔も見たくない」

借金の承諾はするが、二度と会わない!それくらいの覚悟を持って伝えた言葉は親にとってなによりも厳しい一言です。

本当に縁を切ってしまうかどうかは別にして、あなたがやっていることはこれくらい私にとって辛いものなんだという気持ちを言外に込めるため、親にとって大きな戒めとなるでしょう。

「貸してもいいけど倍にして返してね」

お金を貸すことにためらいはなくとも、損をしないために伝えるドライな一言です。

ただでさえ現金が必要な状況で、返済金額が大きくなってしまうことは単純に負担となるため、ある意味では厳しいセリフと言えますね。親が二度とこの子から借りたくないと思わせたい時に使えますよね。

「信用できないから貸す前に借用書を書いてほしい」

厳しい言葉として、あなたを信用できないという前提を伝える必要があります。

その上で、お金を貸すために必要な借用書を作るという事務的なお願いをすれば、親子であっても安易な承諾ではないということが伝わるため、オススメの言葉です。

「あなたみたいにならないように頑張るね」

一見すると優しいような一言ですが、まさに反面教師として親を見ているため、尊敬の念は一切ありません。

従って、本来保っていた親の尊厳などは無くなってしまい、これから先の関係性も大いに変化することでしょう。そういった家族間での立場の逆転を意味したセリフは字面よりも重く、長く続いていきます。態度には出しませんが、これ以上ない厳しい承諾と言えるでしょう。

最後に

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。

「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉がありますが、本当にそうなってしまわないよう、要所要所で親を戒めることも大事かもしれませんよね。

以上、
親からお金を貸してと言われて承諾する優しい言葉と厳しい言葉計8選」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。