親からお金を貸してと言われて断る上手な口実8選

親にお金を貸してくれとせがまれた方で、本音は、断わりたい!という方へ。

なんと生みの親から無心されている可能性がありますから、上手に断わりたいものですよね。

本記事では親からの借金の督促を上手に断るセリフとその説明をご紹介します。

 

親からお金を貸してと言われて断る上手な口実8選

 

断り方①
「自分もお金を持っていないんだ」

シンプルかつポピュラーな断り方として、自分にもお金がないですよと伝えることです。

口実としては弱いかもしれませんが、何よりも相手にお金を貸す気持ちはないという意思表示をしているので、断るという点においては最も強いと言えるセリフでしょう。

断り方②
「お金は貸せないけど相談に乗るよ」

最初に現金は貸せないことを伝えた上で、問題解決を手伝うよという譲歩した口実です。

お金を貸してほしいということは何かしら困っている事が起きているため、貸さずとも解決できることもあるでしょう。目的と手段をしっかり分けて問題解決することでお互いが良い気持ちになれます。

断り方③
「いい仕事を探したり紹介するよ」

貸すことではなく、儲ける方法を教えることで恒常的な借金の催促を防止する口実です。

一度、親が子供にお金を借りるとまた貸してもらおうとするケースは非常に多いため、それを防ぐためにも、金欠の状態を解消することが目的です。親も借りたくて借りようとしているわけではないため、このセリフであればすぐに乗ってくれるでしょう。

断り方④
「来月ならもしかしたら貸せるかも…」

一時的なしのぎ方として、すぐには貸せないが可能性はあることを伝える言葉です。

具体的な日付は伏せて、なんとかしてあげたいという気持ちを伝えてあげることで、親の不安も少しは晴れるでしょう。根本的な解決には至りませんが、強く言えない時に使える口実ですよね。

断り方⑤
「お金が原因で家族の絆を壊したくない」

ほとんどの家庭では、一緒にいる期間が誰よりも長いため、親にとっては「貸して」と言いやすいでしょう。

しかし、子供が損をしてしまう恐れもあります。家庭崩壊の危機に陥ってしまう可能性があるため、それに気づかせるセリフです。言いやすいからこそ言わないでほしいという気持ちを分かって貰えれば、催促もなくなりますよね。

断り方⑥
「私も借金しているから難しい」

親が子から借金しようとしているなら、それが嘘であっても自分も借金をしている旨を打ち明ける事です。

そうすれば、借りようとする気持ちも止まります。気持ちの問題として、返済に苦しんでいる子供に借りようとする親はなかなか居ません。親子の繋がりを利用した上手な断り方として有効と言えます。

断り方⑦
「食べ物ならあげるよ」

お金は貸せないけど、衣食住の手助けはできると伝えることで、借金を断るケースもあります。

金額にもよりますが、生活費レベルのお金なら貸さずとも節約すれば賄えることも多々あるので、直接断らずに助けてあげるという気持ちと具体的な援助方法を伝えましょう。

断り方⑧
「配偶者や子供のために貸せない」

親にとっては義理の娘、そして孫にあたる大事な人のためにもお金を貸せないという口実です。

自分だけなら貸す気はあるが、家族を守るため貸せないと伝えることで、親の気持ちも慮っている風になりますので、うまい言い訳として使えます。親ならばわかってくれる事でしょう。

最後に

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。

生みの親・育ての親であるからこそ、角が立たないように断わりたいですし、親からお金の催促が来ないように仕送りをするなどの親孝行は必要かもしれませんよね。

以上、「親からお金を貸してと言われて断る上手な口実8選」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。