Marty-arts / Pixabay

多重債務を抱えている方へ。

複数の金融業者からの借り入れをしっかりと返済したい!

本記事では完済できる案件を先に片付けるべき理由を紹介していきます。

 

多重債務は完済できる案件から片付ける!5つの理由

 

債務状況が把握しやすくなる

多重債務とはすでにある借金の返済のために他の金融業者からもお金を借り入れ、複数の消費者金融や信販会社から借り入れがある状態のことを指します。
3社以上の金融業者からの借り入れがある状態になることも少なくなく、利息の支払いもかさみ、借金が膨れ上がってしまう原因となってしまうのです。

  • どこの金融業者から
  • いくらのお金を
  • どのくらいの金利で借りているのか

多重債務の人は以上の点をしっかりと把握していない場合が多く、自身の債務状況を把握していないことには返済の計画をたてることができません。

まずは完済できる案件を片付けることを心がけましょう。

借金の件数を減らすことにより自身の債務状況を把握しやすくなります。
そうすることでしっかりとした返済プランをたてる手助けとなるはずです。

 

気持ちに余裕が持てる

「いくら返済しても借金が減った気がしない」
「いつも借金のことばかり考えていて、頭から離れない」

債務が多いとネガティブなことばかり考えてしまいます。
でも借金に悩むのは真面目に返済しようと考えている証。

完済できる案件を先に片付けることで返済日が減ることになり気持ちに余裕をもつことができます。

気持ちに余裕が持てる仕組み

  借入 返済日
A社 60万円 27日
B社 10万円 5日
C社 30万円 10日

 

以上3社から合計100万円を借入れていたとします。そこで一番完済できそうな案件であるB社を完済。すると、月に3日あった返済日が2日に減ります。

「いつも借金のことばかり考えていて、頭から離れない」

ということがありましたが、返済日が月に2日になればどうでしょう?

A社の毎月27日、C社の毎月10日の月に2日となり、精神的に余裕を持てるはずです。

 

自由に使える資金が増える

毎月の返済額が減ることにより、自由に使える資金が増やすことができます。

自由な資金が増えるしくみ

  借入 返済額
A社 60万円 3万円
B社 10万円 1万円
C社 30万円 2万円

 

A社~C社の毎月の返済額を合計すると5万円。そこからB社を完済すると、毎月の返済額は4万円になります。
そこでB社の返済に充てていた1万円を今後のA社とC社の借金返済に充てれば、返済がラクになり完済までの期間も早くなります。

返済のために切詰めていた生活水準を少し上げることに使用すれば、経済的にも精神的にも余裕が生まれます。自由に使える資金ができるということは、余裕が生まれ意識が前向きになることにつながるのです。

 

金利の低い会社に借り換えることができる

キャッシングの多重債務の場合、金利の高い会社から低い会社に借り換えることができます。

キャッシングの場合、完済した会社が金利の低い会社であれば再度融資枠いっぱいまで借りて、金利の高い別の会社を完済することができます。

借り換えできる仕組み

  借入 年利
A社 60万円 11%
B社 10万円 15%
C社 30万円 18%

 

B社が融資枠30万円のカードローンだったとします。そこで、B社の融資枠から30万円を再度借りて、金利が高いC社を完済。すると金利が3%低くなり、利息も単純に9000円ほど安くなるのです。

このように、高い金利から低い金利の会社へ借り換えができることで、利息を抑えることができるのです。

 

返済のモチベーションを高める

借金件数を減らすということは金銭的なメリットだけではありません。

「1つの金融機関からの借金を完済する」

当たり前のことですが、多重債務を負った人にとって「完済した」という事実は返済のモチベーションをあげる1つの要因なのです。

返済のモチベーションを高める方法は他にも挙げられます。

  • 借金後の自分をイメージする
  • 細かい記録をつける
  • 仕事にも目標を設ける

多重債務はどうしても返済期間が長くなってしまいがちです。
長い返済に心が押しつぶされてしまいそうになります。

出費を抑え、節約を続けることで我慢がストレスへと変わってしまい体調を崩してしまうなんてことにも繋がりかねません。

1つの件数でも借金を減らすことで「この調子で減らそう」というやる気を出すことができます。

 

最後に…

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。

  1. 債務状況を把握しよう
  2. 気持ちに余裕を持とう
  3. 自由に使える資金を増やそう
  4. 金利の低い会社に借り換えよう
  5. 返済のモチベーションを高めよう

借りている額が少ない、すぐに完済できそうな会社は優先的に返済・完済し、借金の本数をまとめていく。そして、金利の高い会社を優先して返済・完済していく。そうすることにより精神的にも経済的にも余裕ができ、利息も抑えることができます。

少しずつでも返済して借金を返す目途が立つと意識が前向きになります。仕事や私生活をはじめ、いろいろなことにやる気が出てくるので、借金の返済も上手くいくはずです。

以上
「多重債務は完済できる案件から片付ける!5つの理由」でした。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。