副社長にお金を借りる時のセリフ8選

お金に困っており、借りられそうな相手もおらず、借りるあてが勤め先の副社長しかいない!という方へ。

上司を跳び越して副社長に直談判するわけですから、それ相応のセリフと理由をつけてお金を借りたいですよね。

本記事では副社長にお金を借りるためのセリフとその説明をご紹介いたします。

副社長にお金を借りる時のセリフ8選

セリフ①
「この通り頭も丸めてきました!」

頭の毛を全て剃って覚悟をわかってもらいます。

そのうえでお金を貸してもらいましょう。あなたの真心は副社長にきっと届くはずです。ただ、営業系のお仕事の方はまずいですよね。「バカもん!」と怒鳴られ、逆効果となる可能性があります。

セリフ②
「実は☆☆さんのことでご相談が…」

副社長が良く思っていない人物の弱みと引き換えに、お金を貸してもらいます。

あくまで「一社員としてどうすればよいかわからないから相談に来た」というスタンスを貫いてください。そうすればあなたは争いに巻き込まれませんよね。

セリフ③
「副社長…どうしましょう…どうしたらいいかわからなくて…」

パニックになって嘘泣きをした風を装います。

パニックになった理由は何でもかまいません。つまらない理由でもかえって哀れさを誘うことができるので大丈夫です。お金を貸してもらえるかはわかりませんが、副社長はなにかしら便宜を図ってくれるはずです。

セリフ④
「親が危篤で…」

親が危篤になったというウソをまくしたてます。

そして交通費や病院代など莫大な費用がかかるお金の話を羅列します。

副社長もけっこうなお年のはずなので、親関係のネタは特によく効くでしょう。「返さなくていい」と言われたらしめたものです。

セリフ⑤
「社長にお金を借りるのって…マズイですかね?」

社長にお金を借りていいか、相談を持ち掛けます。

聞いてしまった以上、副社長も他人事ではいられません。

「こいつ、クビになるかもしれない!」と何かしらうまい手段を考えてくれるでしょう。

自ら貸してくれる可能性だってあるはずです。

セリフ⑥
「馬って良いと思いませんか?」

副社長が競馬に理解のある人物なら、一口馬主になるお金を貸してもらえないか尋ねてみましょう。

一口馬主とは、競走馬のスポンサーとなる金額を複数に分け、複数人数で分け合う仕組みのことです。株式会社の株券と同じようなシステムで、一口数万円の場合が多いです。

ロマンを買う点を強調すれば、ダンディな副社長はお金を出してくれるかもしれません。お金を出してもらえたら、副社長に特典の優待券を分けてあげましょう。

セリフ⑦
「お米を買いたいので300円貸してください」

あなたは今日食べるお米にも困っています。

聞いたら思わず吹き出すような、できるだけみみっちい数字を言いましょう。2kgのブレンド米を買ってしのぐつもりだったあなたの思惑に反して、リッチな副社長はコシヒカリ10kg袋を買えるくらいは出してくれるはずです。

セリフ⑧
「会社をやめさせてください!」

お金に困ったので、あなたは迷惑をかけないために会社をやめることにしました。

事情は必ず聞かれるはずなので、その時に経済的な事情があることを話してみてください。きっと副社長は親身になって解決策を考えてくれるはずです。

お金を貸してもらえることもきっとあるでしょう。

 

最後に

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。

自分よりも力のある人の懐に飛び込むことで、同情や憐れみといった感情を引き出す事ができれば、うまくお金を貸してくれるかもしれませんよね。

以上、「副社長にお金を借りる時のセリフ8選」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。