新卒社員にお金を借りたい!そんな時におすすめの口実8選

お金に困っており、借りられそうな相手もおらず、借りるあてが入社したての新卒社員しかいない!という方へ。

お金の使い道や管理を教えてあげるのも先輩の役割りですから、指導の一環として「安全」にお金を借りたいですよね。

本記事では新卒社員にお金を借りるためのセリフとその説明をご紹介いたします。

新卒社員にお金を借りたい!そんな時におすすめの口実8選

その①
「先輩にお金を貸すなんてどこの会社でもよくあることだよ」

新卒社員の社会経験の無さにつけこんでお金を貸してもらいます。

さも当然のことのように自然に言いましょう。「ここの社員は家族みたいなものだから」などと連帯感を強調すると効果的です。借りたあとは、怪しまれないようにすぐに返したいものです。

その②
「いい目をしてる、将来を感じさせるよ。ところで言いにくいんだけど…」

フレッシュな若者をほめた後で、お金を貸してもらうお願いをします。

若者はほめてもらいたい心理を持っていますから、うまくいけば貸してくれるでしょう。相手の能力や仕事ぶりを褒めちぎった後で切り出すことも、効果があるようです。

その③
「今度社長とゴルフ行くことになったんだけどさ、」

社長とゴルフをすることになったので、お金を貸してもらいます。

ポイントは新卒社員ではほとんど会う機会も無いだろう社長を使うところです。まず嘘はばれないでしょう。「わたしも行きたいです!」なんて言われた場合の断り方も必要ですよね。

その④
「失敗したの?仕方ないな、俺も手伝うよ、そのかわり…」

新卒社員が失敗した後のリカバリーを一緒に手伝ってあげます。

交換条件として、お金を貸してもらいましょう。人脈も仕事のノウハウも無い新人ならお金を払ってでも手伝ってもらいたいかもしれません。残業中のコーヒー代や夜食なんかは出してあげた方が良さそうです。

その⑤
「あーっ!お前、何てことしてくれてんだよ!あーっ!信じらんねえ!あーっ!」

新卒社員がした何でもない失敗を大失敗のように騒ぎ立てます。

ひとしきり事態が収拾した後で、お金を貸してくれるよう頼みましょう。後輩が最初の剣幕にビビッてくれたなら、嘘が通じる見込みは十分あります。何度も使える手ではありませんが、急な出費に対応できる口実です。

その⑥
「初任給出たのか、おめでとう!ところでお金貸して!」

初めての給料をもらう瞬間は格別なものです。

新卒社員の高揚した気分をうまく乗せて、お金を貸してもらいましょう。気分に水を差さないようなるべく明るく言うのがコツです。「それだけたくさんあるんだから」とか言葉を添えてあげましょう。

その⑦
「気前の良い奴は出世するよ。金くらい気楽に貸せるでっかい奴になれ!」

普段から新卒社員に「気前の良い奴は出世する」という嘘を吹き込んでおきましょう。

本当は全然そんなことはありませんが、嘘も繰り返されると本当のような気がしてきます。うまく嘘を信じてくれれば、きっとあなたの求めにも応じてくれるでしょう。

その⑧
「地元の弟/妹を助けてやりたいんだ!」

あなたの弟か妹はお金に困っています。

年齢が離れているなら、息子や娘でもいいでしょう。日ごろ新卒社員を見ていると弟や妹のことが思い起こされ、あなたはつらく思っています。お金を借りてでも、あなたは援助をすることに決めました。若者には年長者の心理はわかりませんから、嘘もつきやすいはずです。人情をたっぷりにおわせてください。

最後に

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。

新卒社員から借りる事は、一歩間違えれば「コンプライアンス」に違反してる!などど内部通報されそうですから、信頼関係ができたことを感じさせるい口実で、上手に借りたいものですよね。

以上、
新卒社員にお金を借りたい!そんな時におすすめの口実8選」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。