インターン生からお金を借りる時の8つの口実 お金がなく、消費者金融でも借りれず、最後の手段に知人でもあるインターン生しかいない方へ。 インターン生にあまり怪しまれず、人間関係も崩さず、上手にこの試練をしのいでお金を借りたいですよね。 本記事では、インターン生にお金を借りる時の上手な口実やセリフをご紹介いたします。

インターン生からお金を借りる時の8つの口実

セリフ① 「おはよう、君がインターンの人だね。ところで、お金貸してくれない?」

インターン生の出勤初日に、あいさつもそこそこにお金を借ります。相手は相談する人間関係も作れていないため、勢いに負けてお金を貸してくれるかもしれません。 借りた後は念入りにお礼を言って、大事になるのを防ぎましょう。

セリフ② 「おつかれさま。コーヒー甘いの大丈夫?」

これは直接的な借りる口実ではありません。缶コーヒーをインターン生におごることで、のちのちお金を借りやすくする布石を置きます。 缶飲料は安価で済むため、一度のみならず複数回おごってあげるとさらに効果的です。

セリフ③ 「仕事の出張費用が足りなくてさ」

インターン生はまだ社会経験が浅い人が多いため、仕事にかかる費用をアピールしてお金を借ります。 きっとインターン生は社会人を応援するつもりで貸してくれるでしょう。

セリフ④ 「結婚記念日のプレゼント買い忘れてた!」

インターン生にとっては結婚生活の内情は思いもよらないことと思います。夫婦の間でもさまざまな形でお金は必要になります。 お金を借りて結婚記念日のプレゼントを買うことにすれば、インターン生も納得して貸してくれるでしょう。

セリフ⑤ 「おつかれ。飯でも食べに行かない?」

ご飯をおごってあげた席で、お金を借りる相談をします。インターン生はおごってもらった負い目も手伝って、話をよく聞いてくれるでしょう。

セリフ⑥ 「明日返すよ。」

明日返すと約束してお金を借ります。すぐ返してもらえることを期待して、インターン生はお金を貸してくれるでしょう。しかし、貸してもらえばこっちのものです。「持ってくるのを忘れた」、「他の用事で使ってしまった」、「もうちょっと待って」などの言い訳を使えばもう一週間は引き延ばせます。 その間にお金を何とかして作りましょう。

セリフ⑦ 「前のインターンの子は貸してくれたんだけどな…」

前にあなたの職場に来たインターン生はお金を貸してくれました。この嘘が通じれば、きっとお金を借りることができるでしょう。ただ、怪しまれて大学の教授などに相談されると大事になるので、お金は早く返しましょう。 それと、お礼も念入りに言っておきましょう。

セリフ⑧ 「おめでとう。今まで、よくがんばったね。ところで電話番号教えてもらっていいかな?」

インターン生がインターン期間を終えた時には、がんばったことをねぎらってあげましょう。同時に電話番号を聞いておいて、のちのちお金を借りるお願いにつなげます。 インターン先の人に電話番号をきかれるのは評価されたようで嬉しいものです。きっといい気分で貸してくれます。

最後に…

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。 インターン生にお金を借りるなんていう非常事態。なんとかはやく収拾がつくと良いですね。 以上、 「インターン生からお金を借りる時の8つの口実」でした。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。