クライエントからお金を借りたい時の言い訳とセリフ8選 事業が思うように進まず、業績が悪化して、お金を借りなければならない方へ。 可能であればお仕事への理解のあるクライアントに借りて仕事で借金を返済したいですよね。 本記事ではクライアントにお金を貸してくださいとお願いするセリフを考えてみましたので、ご参考にされてください。

クライエントからお金を借りたい時の言い訳とセリフ8選

セリフ① 「このままでは看板をたたまなくてはいけません」

お金が足りないと自分の商売をやめなければいけないことを話します。もし商売が続けられなくなると、クライエントから現在請け負っている仕事も途中で終わってしまうでしょう。そうすると、クライエントはまた一からビジネスパートナーを探さなくてはいけません。 きっとあなたのために真剣になってくれるはずです。

セリフ② 「次の仕事の報酬を減らしてくださって構いません」

次の仕事の報酬を減らすかわりに、当座のお金を貸してもらいます。応じてもらえるかはわかりませんが、あなたの覚悟をわかってもらえればきっと大丈夫でしょう。 将来もらえるお金を減らしたくない方は「返せなければ」という条件をつけてお願いしてみてください。

セリフ③ 「本当にいつもすばらしいお仕事をありがとうございます。申し上げにくいのですが…」

相手のことをほめましょう。ほめる言葉は普段から言っていても効果がありますし、お金を借りる直前に言っても大丈夫です。 心からの感謝の気持ちをこめれば、きっと相手はわかってくれます。

セリフ④ 「分割して前払いでいただけないでしょうか」

次の仕事の報酬を分割してもらって、当座のお金にします。この口実はお金を借りるとは言えないかもしれませんが、合理的な理由のため相手に応じてもらいやすいでしょう。

セリフ⑤ 「取材費が必要なんです」

取材費用を相手に請求しましょう。仕事に必要な経費なら、他の理由でも構いません。おそらく明細を要求されるため、あまり派手な使い方はできないかもしれません。 しかし、緊急時のお金を手に入れることはできそうです。

セリフ⑥ 「実は最近資金繰りが厳しくて…」

正直に懐事情を話します。相手がお金を貸してくれればしめたものです。たとえうまくいかなくても支払いを待ってくれたり、仕事のギャラをあげてくれたり、追加の仕事がもらえるかもしれません。 正攻法ながら、なかなかあなどれない口実です。

セリフ⑦ 「今度の仕事にこういう物が必要なんですがお金が無くて…」

仕事に必要なものを買ってもらって、後でお金を返します。現金そのものを借りるわけではないため、お金を借りる口実としては変則的です。この口実では現金は手に入らないため、お金に困った時は使えないかもしれません。 しかし、本当に必要な物がある時には使える口実です。

セリフ⑧ 「ギャラを上げてください」

仕事のギャラを上げてもらうよう頼みます。上がればしめたものですが、断られることを前提に話を持ち掛けます。断られた時に急なお金が必要なことを切り出すのです。 相手はギャラを上げてあげられない負い目からお金を貸してくれるかもしれません。

最後に…

ここまでの長文をお読み下さりありがとうございます。 なるべく早く事業を軌道に乗せクライアントに借金を返して友好関係を健全に保ちたいですね。 以上 「クライエントからお金を借りたい時の言い訳とセリフ8選」でした。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。