携帯料金を払うためにお金を借りる口実と言い訳8選

お金がない!携帯料金が払えずにこのままでは回線停止されてしまいそうな方へ。

お金を借りて携帯キャリア料金を支払い携帯を生かし続けたいですよね。

本記事では携帯料金の支払いを中心にお金を借りる言い訳と口実をご紹介いたします。

携帯料金を払うためにお金を借りる口実と言い訳8選

言い訳①
「もしもし?いま公衆電話からかけてる。」

あなたは携帯キャリア料金が払えないため、現在携帯電話が使えません。相手にわかってもらうために、公衆電話からかけてお金を借りるお願いをしましょう。

公衆電話からかければ長く話さなくてよいというメリットもあります。

言い訳②
「ごめん、今ワン切りしたのはさ…」

知り合いに携帯電話をワン切りして相手からかけてもらい、受け取った電話口で携帯キャリア料金を借りる相談をします。あなたは電話料金が気にかかっていたため、そのような行動をとりました。

電話を受け取ってすぐにお金の話に移れるため非常にスムーズです。

言い訳③
「実はLINEで電話したのは…」

あなたは携帯キャリア料金を気にかけて、いつも携帯電話でかける相手にLINEなど通話料のかからない方法で電話しました。通話料のかからない方法なら、Skypeなどでもかまいません。

言い訳④
「拝啓 薫風の候いかがおすごしでしょうか…」

携帯キャリア料金を払えず携帯電話を止められたという設定で、手紙を書いてお金の無心をします。心のこもった直筆の手紙は相手を動かしてくれるでしょう。

返信用封筒として現金書留を同封しておいてもよいと思います。

言い訳⑤
「いやあ、×月×日に長電話したことあったじゃん?」

過去に長電話をしたことがあって、そのことが原因で現在高額の携帯電話使用代を請求されているとします。

長電話で話した相手にお金を借りられないか相談してみましょう。

言い訳⑥
「じゃあ、明日の××時にかけるから」

あなたは日を改めて電話する約束をしましたが、折り悪く電話が止められてしまったためかけられませんでした。電話をかける相手に何とかコンタクトをとったら、謝った後でお金を借りるお願いをしましょう。

きっと相手はわかってくれるはずです。

言い訳⑦
「日雇いで1日働けばなんとか返せる!」

もし携帯キャリア料金が数千円単位のお金だった時は、こう言ってお金を借りることもできるでしょう。たった1日というところがミソで、貸す方も「すぐお金を作れるんだな」と応じやすくなります。

言い訳⑧
「ソシャゲで課金しすぎちゃったんだ。もう二度とソシャゲはやらない!」

あなたはスマホでソシャゲに課金しすぎたために利用料金がかさんでしまいました。この口実の優れたところはある程度大きな額を相手から借りられる可能性があることです。大手携帯キャリアが対応している「キャリア決済」(iTunesへの課金を携帯電話料金と一括して請求してもらう機能)などを活用して電話代にソシャゲの課金額を上乗せし、説得力のある必要額を算出しましょう。

最後に…

ここまでの長文およみくださりありがとうございます。

携帯料金の支払い状況というのは各キャリア共有されており、いまや立派な個人信用情報です。長年特定の同一のキャリアを払い続け、5年以上、7年以上と優遇されることもあるみたいですね。一生払い続ける携帯料金もどうせならしっかりと信用実績にしていきたいですね。

以上、「携帯料金を払うためにお金を借りる口実と言い訳8選」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。