毎月払う保険代がない!支払い期日を先延ばしにしてもらう言い訳のセリフ8選

 全ての口座残高も底が見えて、収入が入っても支払いが待っている。今月の保険代が払えそうもない方へ。

支払いができないからといって、保険を無効にされたくはないですよね。

本記事では、保険を有効に保ち支払いを遅らせてもらう言い訳を考察しましたので、共有いたします。

毎月払う保険代がない!支払い期日を先延ばしにしてもらう言い訳のセリフ8選

言い訳とセリフ①
「結婚指輪を買ってしまって」

あなたは保険の代金よりも大切なものを見つけ、そちらにお金を使ってしまいました。本当に大切なものに比べれば保険の代金の優先順位が低いことを相手にも話して分かってもらいましょう。

支払期限もきっと延ばしてもらえるはずです。

言い訳とセリフ②
「新しい車を買ったので自動車保険が払えません」

保険をかけてもらっている分野で出費があったため、保険の代金が払えなくなってしまいました。バイクを買ってバイク保険、自転車を買って自転車保険が払えなくなったなどの口実もいいですね。

おかしい理由なので相手も思わず笑ってしまって、期限を延ばしてくれるでしょう。

言い訳とセリフ③
「給料が出なかったんです」

会社が倒産してしまって、給料が出ませんでした。当然、保険の代金も払えないので支払いも待ってもらいましょう。

職についてから支払うことにすれば、1ヶ月くらいは待ってもらえると思います。

言い訳とセリフ④
「実は親の自動車保険を払ってあげて」

あなたは他人の保険代金を払ってあげた結果、自分の払うべき保険代金を払えなくなりました。

何ともほほえましい理由なので、やはり相手に許してもらえると思います。

言い訳とセリフ⑤
「払い込み用紙が見つかりません」

払い込み用紙が見つからないため、保険代金を支払うことができないと伝えます。相手はおそらく再送付してくれるので、少なくとも振込用紙が届くまでの間は期限を待ってもらえます。

口座引き落としの場合は通帳やカードが見つからず入金ができないという旨を伝えましょう。

言い訳とセリフ⑥
「車が壊れたので銀行に行けません」

あなたの車が壊れてしまったため、指定の銀行まで行くことができません。公共交通機関を乗り継ぐ方法もあるかもしれませんが、そちらについてもバス酔いや電車酔いなどの理由を作って乗れないようにしておきましょう。

車が直るまで支払いは待ってもらえると思います。

言い訳とセリフ⑦
「カードを折ってしまいました」

あなたは保険代金の口座引き落としをしてもらっていましたが、うっかりキャッシュカードを折ってしまい入金ができなくなりました。カードの再発行には何週間かかかるので、支払いを待ってもらえないか聞いてみましょう。

振込用紙が送られてくるにしても、届くまでは期限を待ってもらえるはずです。

言い訳とセリフ⑧
「別の保険を払ってしまって」

同じ保険会社が提供している別の保険代金を払ってしまったため、支払いができなくなってしまいました。相手の保険会社は自社の提供する保険であるため、あまり強くは出られないと思います。

上得意様を無くさないためにきっと支払期限を延ばしてくれるでしょう。

最後に

ここまで長文をお読みいただき、ありがとうございます。

支払いが滞納するということは信用実績に傷がついてしまいます。同じ傷がつくにしてもどうせならしっかりと言い訳をかましてみましょう。連絡をしてきてくれたことだけでも高得点を得られることでしょう。

以上
「毎月払う保険代がない!支払い期日を先延ばしにしてもらう言い訳のセリフ8選」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。