MichaelVines / Pixabay

自宅の購入を検討している方へ

家は購入した方がいいのか、それとも賃貸の方がいいのか悩む方はたくさんいらっしゃると思います。

本記事では購入か、賃貸か、適切な判断ができるようにそれぞれのメリットとデメリットを説明していきます。

 

家は購入と賃貸どちらがお得?メリットとデメリットを解説

 

ポイント1.
購入、賃貸、それぞれのメリット

購入のメリット

購入した家は自分の資産となることが購入のメリットと言えます。
高額な資金を投じて購入した家は、同時に自分の不動産資産として所有する事が出来るのです。

その反面で購入して自分のものになった家は、維持していく上でずっと維持費が必要となります。
固定資産税は毎年かかり、年数が経てば修繕する箇所も出てきます。

自分の家ですから維持費は自分で支払わなければいけないのは当然ですが、購入に関してはデメリットといえるでしょう。

賃貸のメリット

一方で賃貸の場合は賃貸料、家賃と管理費などを支払う事で住むことが出来ます。

敷金礼金などが必要となりますが、毎月の家賃を支払えば管理は家主の責任です。

自分のものではないので何があっても安心ですが、家賃と維持管理費などを含めると結構な金額になります。

 

ポイント2.
総支払額はいくら?

家を購入する場合には資金が必要ですが、足りなければ住宅ローン等を組むという選択肢があります。
30年くらいのスパンで組む事の多い住宅ローンの総支払額と、頭金などについて考えてみましょう。

家を自己資金で購入すれば勿論ローンを組む必要はありませんが、高額な買い物である家を自己資金のみで購入するのは難しいという方も多いのではないでしょうか?

自己資金を頭金に充てて残りを住宅ローンで支払うという考え方が、一般的な購入のパターンになっている様です。
当然ローンを組めば利息を含んだ額を支払う事になります。

ローンの場合

  • 2000万円の家
  • 自己資金なし
  • 30年ローン
  • 金利1.5%

以上の設定だと月々約70,000円の支払いになります。

総額は、24,849,000円、4,849,000円が利息となり約500万円を利息として支払うのです。

頭金+ローンの場合

自己資金が1,000万円ありその全てを頭金にすれば、単純にその半分となります。
しかしそれでも利息というものが付くのがローンのデメリットです。

先程の例でいえば15年ローンで2,252,054円の利息となり、利息分を半分以下にする事ができます。

賃貸で70,000円の家賃だとローンを組む必要は当然ありませんが、生活の中では必要な出費と
して組み込まれ借りている以上は支払い続けなければいけません。

購入してやがては自分の資産とするのか、資産は残さなくても借金をしないのかという選択にもなってきます。

 

ポイント3.
様々な状況を想定しよう

賃貸と購入には金銭面以外の違いもたくさんあります。

人生にはなにがあるのかわかりません。

  • 転勤が決まった
  • 子供ができた
  • 震災が発生した
  • 収入が減ってしまった

転勤が決まった

賃貸なら今の家のことを考えずに引越すことができます。

購入した場合は売却したり、人に貸すなどの対処方がありますが手間や費用がかかることでしょう。

子供ができた

賃貸は広いところに引越す場合その分家賃が高くなります。

購入の場合は広めの面積を買っておけば居室のやりくりや間仕切り家具などで対応は可能です。

震災が発生した

賃貸は築年数を気をつける必要がありますが家そのものを変えるという選択肢があります。

購入の場合は自己負担や地震保険で修理しなければなりません。

収入が減った

賃貸の場合は収入の見合った家に引越すなどの手段がありますが手間がかかります。

購入の場合は住宅ローンの支払額を減らすことで手間をかけずに対応することができます。

 

ポイント4.
自分の考え方に合った選択をしよう

ローンを組む、つまり自己資金では買えないものを借金という選択肢で購入する選択と、そこまでして手に入れようとは思わないという考え方もあるでしょう。

購入を検討している方であれば、自己資金とのバランスを考えて行く事が大切なポイントとなります。
自己資金の配分で頭金とローンの組み合わせ、自己資金を保険として取っておきローンで購入するなど長い今後の生活を考えていく事が安心した家の購入となるでしょう。

現在では地元の金融以外にも、ネット銀行などが積極的に住宅ローンを宣伝しており、金利も競い合っている状況です。
そういった金融機関選びも住宅購入の際には視野に入れるべきです。

将来の事を考えて、家の購入をせずに賃貸という選択も大切です。
家賃さえ払えば新しいところにいつでも引っ越す事は可能ですし、管理する責任もないので所有するよりは気持ちが楽でしょう。

 

ポイント5.
下がり続ける住宅ローンの金利

現在日本では固定金利型・変動金利型ともに住宅ローンの金利が下がり続けており、代表格の「フラット35」が2015年2 月に最低金利の1.37%となりました。
フラット35以外の金融機関の住宅ローンも、競い合うように超低金利へとなってきています。

これらの低金利は以下の理由が挙げられます。

  • 日銀の金融緩和
  • 世界のデフレ圧力

住宅ローンの金利は国債金利に比例します。
国債の信用が下がってしまった場合には国債金利は上昇するため、住宅ローンの低金利は決していつまでも続くものとは言えません。
つまり変動金利ではなく固定金利でローンを組むとすれば今がチャンスと言えます。

住宅ローンを組む際に気をつけて欲しいことはローンを組む際の諸費用です。
住宅ローンの金利は低ければ低いほど支払う利息は安くなりますが、ローンを組む際の諸費用も決して忘れてはいけません。

 

最後に…

  1. 購入、賃貸、それぞれのメリットを理解しよう
  2. 総支払額はいくらなのか把握しよう
  3. 様々な状況を想定しよう
  4. 自分の考えに合った選択をしよう
  5. 住宅ローンの金利を理解しよう

家の購入をする際に自分が基準とするポイントをきちんと整理して進めて行く事が重要なポイントとなります。

損得での判断をする事もひとつの基準になります。
長い時間をかけて判断する事は、家を考えると重要なポイントとなるでしょう。

損得で考えると、メリットとデメリットがあるのは何をするにしても同じ事かと言えます。
自分に合った選択が出来る様に、様々な観点から「家」について家族と十分に論議して決めることが大切です。

以上
「家は購入と賃貸どっちが得?考えたい5つのこと」でした。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。