現在、借金を返済している方へ。

お金を滞りなく返すために体調管理はとても大切です。

本記事では借金返済中は体調管理に気をつけたい5つの理由を紹介し、予防や対策についても合わせて紹介します。

 

借金返済中の体調管理5つのケア

 

① お金を稼げなくなる

体調を崩したときのデメリット

体調を崩したときのデメリットはあげるとキリがありません。

  • 熱が出れば体がだるくなる
  • 思うように力を発揮できない
  • 咳やくしゃみは周りの迷惑になる
  • ミスが多くなる

そのため、勤め先でもそんな状態で来られるよりは休むようにうながされるでしょう。
風邪が他の人に移るとさらに人手が減り、作業能率が落ちてしまうからです。

しかし、借金を抱えていると自分が休んでしまえば収入がありません。
フリーターのように、元々の貯えがなくて借金に手を出してしまったような人は仕事を休むことが命取りになります。

予防をしっかりしよう

そうならないためにも風邪などの予防できる病気は、しっかりと対策をとることが大切です。

例えばインフルエンザの季節であれば

  1. 予防注射を打つ
  2. 外出するときはマスクをする
  3. 外から帰ったときは手洗いうがい

これらを徹底すれば、かなりの確率で防げます。

また、日ごろから栄養不足にならないようにしっかりと食べ、夜更かしはしないなど体に不要な負担を掛けないようにします。
借金を返済していると節約のためにその辺りをおろそかにしがちですが、返済資金を稼ぐのは自分自身です。

まずは自分を大事にしましょう。

 

② 医療費がかかる

市販の薬に注意

病気を早く治すなら病院へ行くのが一番ですが、つい市販の薬に頼ってしまいがちです。
けれども、市販の薬は症状を緩和するだけで根本的な治療にはなりません。

こうして自分の体をごまかしているうちに、ますます症状はひどくなります。
入院することになったら、もっとお金がかかるのです。

インフルエンザの場合、3割負担でおおよそ3,000円ほどの治療費と薬代が発生します。
もし薬代だけでも節約したいのであれば、申し出ることで安い薬を処方してくれます。

気をつけたいのは初診料です。
入院施設のないクリニックや小さな病院は720円ほどですが、大病院にいき紹介状無しで診察を受けると、別途「特定療養費」として5,250円ほどの追加料金が発生します。

治療費が払えない場合は?

治療費が払えなかったらまずは病院と相談しましょう。
分割など支払方法を決め、期日までに窓口で支払います。

何よりも健康保険が使えなければ治療費は10割負担です。
国民健康保険料は大きな負担ですが、収入や状況によって保険料が軽減されたり、免除される場合があります。
まずは窓口で相談しましょう。

もし、勤め先の健康保険に加入しているのであれば、4日以上の病気休養で傷病手当金が支給されます。

 

③ 気分が優れなくなる

精神的なデメリット

体調を崩してしまうと緊張の糸が切れて、それまで張っていた気持ちが落ちてしまいます。

  • 体調管理すらできない自分が情けない…
  • 借金の返済が遅れてしまう…

体が弱っているときは物事を悪い方へと考えがちです。
また、借金の返済が遅れてしまうという焦りも出てくるでしょう。

人間の精神は追い詰められてしまうと解離状態になり、恒常化すると社会生活に支障をきたします。
当然、そんな状態ではまともに働けなくなり、借金を返済するどころではなくなるのです。

まずは回復に専念!

体調を崩してしまったときは自らを追い込まないで、いっそ割り切ってしまうのが一番です。
無理してこじらせるよりは、治療に専念して早く回復できるよう努めましょう。
腹式呼吸を繰り返せば、副交感神経が優位になりリラックスできます。

もし、体調不良で働けなくて期日までに返済額を用意できない場合は、必ず事前に借り入れ先と相談しましょう。

状況を説明すれば、次の給料日まで返済を延期してくれるなど、可能な範囲で調節してくれます。
こんなときは、日ごろの支払い状況が印象を大きく左右します。
万が一に備えて、返済は滞りなく行うようにしましょう。

 

④ 借金返済が遅れてしまう

体調を崩してしまうと

  • 社会的立場
  • 肉体
  • 精神

様々なものに影響を及ぼしてしまいます。

  • 収入が減る
  • 医療費がかかる
  • 働く気がおきない

こうなってしまうと返済が遅れてしまう可能性が高いです。

返済が遅れてしまうことにより電話や手紙での催促がくることでしょう。
さらには延滞料金が発生してしまい、延滞が続くようならブラックリストにのってしまう可能性があります。

支払いが遅れるということは様々なデメリットを引き起こす要因となってしまうのです。

借金の返済を滞りなくおこなうためにも体調管理には気をつけましょう。

借金を返済するうえで、それまでの生活のスタイルを変える方もいらっしゃると思います。
生活のスタイルを変えていくことで身体が変化に対応できずに体調を崩してしまいがちです。

決して無理のない返済生活をおくりましょう。

 

⑤ 規則正しい生活は完済への近道

体調管理をしっかりするということは、規則正しい生活をするということにもつながります。

  • 早寝早起き
  • 栄養バランスを考えた食事

早寝早起きも大切なことなのです。
朝早くから活動することで一日に使う時間が増え、夏であれば涼しいうちから活動することができます。
また、夜遅くまで起きていると意外とかかるものが光熱費です。

  • 部屋の照明
  • パソコン
  • テレビ
  • 暖房、冷房

買い物などの節約はしているのに光熱費などは気にしていない方は少なくありません。
借金を早く完済するためにも夜は早めに寝ましょう。

また栄養バランスを考えた食事は必ずとるようにしましょう。
節約を意識しすぎて食事を抜いたり、栄養ゼリーで済ましているといつか必ず体調を崩してしまうことでしょう。

高い医療費を払わないためにも規則正しい生活を送りましょう。

 

最後に…

  1. 借金を返済するなら自分を大事にしよう
  2. 治療費が払えなかったら病院と相談しよう
  3. 借金の返済が遅れるなら事前に相談しよう
  4. 無理のない返済生活をおくろう
  5. 規則正しい生活を送ろう

借金返済中に病気になると体調を崩すのはもちろん、精神的にも追い詰められてしまい返済が滞るリスクがあります。
だからと言って、病院や借入先が見捨てるわけでなく、真摯になって相談すれば親身になって対応してくれます。

借金の返済は孤独でナーバスになりがちです。
けれども、普段から誠実な行動をしていれば必ず誰かが助けてくれます。
弱ったときは素直に頼りましょう。

もちろん、普段から体調管理に努めることが最もお金がかからず早く借金返済できる方法です。

以上
借金返済中の体調管理5つのケアの必要性でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。