現実と向き合いしっかりと借金を完済できた方へ。

借りていたお金を返すという責任を果たしたけれど、また借金を繰り返してしまったという方も少なくありません。

本記事では、二度と借金を繰り返さないために自分を戒める5つのルールを紹介します。

 

借金を繰り返さないために大切な5つのルール

ルール1.
お金を借りる手段は全部捨てる

過去に借金をした経験があると、お金が足りない時にお金を借りるという選択肢を持っています。
そういった手段が残っていると、ちょっとした出来心でまた借金に手を出してしまうでしょう。

もし、手元にクレジットやローンのカードが残っているなら、すべて解約しましょう。
カードを処分するだけでは、すぐに再発行できたり、契約の更新ごとに新しいカードが送られてくる場合もあります。

解約すると今後新たな借り入れがしづらくなる貸金業者もありますが、その方が二度と借金しないためには好都合と言えるでしょう。

 

ルール2.
生活の負担になるものは持たない

借金を完済しても日々のやり繰りに苦労するようであれば、またお金が必要になってしまいます。
貯金ができないほど余裕がないのであれば、出費を見直してみましょう。

  • 自動車やバイクの燃料や税金
  • 生命保険や医療保険は月々の保険料
  • 使っていないサービスの利用料
  • 読んでない雑誌の購読料

これらによって生活が圧迫されていないでしょうか。
その分だけ自由に使えるお金が減って、我慢を強いられるのです。

このような固定費は一度減らしてしまえば二度と発生しません。
そして、利用するためにお金がかかり続けるものは、なるべく持たないように心がけましょう。

 

ルール3.
正常な金銭感覚を身につける

借金を繰り返してしまう人は、金銭感覚が乱れているところがあります。
欲しいものがあったらすぐに購入したり、贅沢することが大好きなのです。

まずは、月々の収入の範囲で生活する習慣を身につけましょう。

  • 欲しいものがあってもお金が貯まるまでは買わない
  • 必要以上の贅沢はしない

このような我慢を覚えるだけでも、借金をするリスクは避けられます。

また、高額の物を買う時はこれだけのお金を得るために、どれだけの労力が必要だったか考えてみましょう。
本当にそこまでして手に入れるべきものか判断しやすくなり、ギャンブルでお金を失うことも、もったいないと思えるはずです。

 

ルール4.
見栄を張らず正直に生きる

お金がないのに、金持ちのふりをする人がいます。

  • 女の子にもてたいためにブランド品に身を固め、高級車に乗る
  • 気前の良い上司に思われたくて部下に大盤振る舞いをする

確かに女の子からはもてはやされるし、部下も慕ってくれるでしょう。
けれども、このような背伸びはすぐに見破られて、内心カッコ悪いと思われています。

それを口に出さないのは女の子も部下も何らかのおこぼれを期待しているからです。

見栄を張って築き上げた人間関係は、お金が無くなるとあっけなく壊れてしまいます。それでも付いてきてくれる人が、本当にあなたが大切にすべき人なのです。ありのままで生きることを恐れる必要はありません。

 

ルール5.
今よりも未来のことを考える

現在の欲望に惜しみなくお金を使う人は、未来のことを考えていない傾向があります。
働いて安定した収入があるから、そのような「宵越しの金は持たない」という生き方ができるのでしょう。

しかし人生には何が起こるかわかりません。

  • リストラされて収入が減った
  • 病気や怪我で働けなくなった

そんな時、何の備えもなかったら立ち直るのが難しくなるでしょう。

人生は思った以上に長いもの。
少しでも未来に目を向けて備えるよう意識しましょう。

 

最後に…

  1. お金に困る状況に追い込まない
  2. お金は使うべきところに使う
  3. 長い人生には常にお金が必要

借金を繰り返さないためには、お金をコントロールすることが大事です。
そのためにも、今いくら手元にあって、いつ引き落としがあるのか、収支の流れを把握しましょう。

日々のやり繰りから少しでもお金を残す生活を長年続ければ、やがてそれはまとまった金額になります。
借りて返さなくても利息を払わなくても、欲しいものが買えるし、やりたいことができるのです。

もしも、くじけそうになったら借金の返済で苦しんでいた頃を思い出してみましょう。
日々のストレスや利息の負担を二度と繰り返さないために、借金しようとは思えなくなるかもしれません。

自力で完済できたなら、借金を繰り返さないのは容易いはず。そんな自分に自信を持ちましょう。

以上、
借金を繰り返さないための5つのルールでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。