映画やドラマが好きな方へ。

最近ではhuluなどの動画配信サービスも広がっていますが、映画やドラマを見るにはDVDレンタルと動画配信サービスのどちらの方がよいのでしょうか?

本記事ではそれぞれの特徴と違いについて説明していきます。

 

 

映画はDVDレンタルと動画配信サービスどちらにすべき?徹底比較

ポイント1.
費用で比較する

DVDレンタルの場合、旧作であれば1本100円で借りれるところもありますが、新作であれば1本400円程度かかります。
月に見る本数が少なければ費用はそこまでかかりませんが、新作を毎月4~5本借りればそれだけで2000円ほどの費用がかかってきます。

なによりDVDで気を付けなければならないのが、延滞料金です。
例え旧作でも、延滞をしてしまうと1日あたり300円程度の延滞料がかかってきます。

数日延滞してしまうと、それだけでかなりの費用になってしまいます。

それと比べて動画配信サービスは月額定額で見ることができます。

動画配信サービスでは月額500~1000円程度で見ることができ、何本見ても費用は同じです。
毎月多くの映画やドラマを見る人には動画配信サービスの方がお得になります。

しかし動画配信サービスでも、一部の新作などは別途料金が必要になることもあるので注意しましょう。
また、通信料がかかるため、できればWi-Fi環境下で見ることがおすすめです。

 

ポイント2.
手間で比較する

DVDレンタルでは、まずDVDを借りにいかなければなりません

初めての利用であれば会員カードを作成し、借りたいDVDを選ぶ必要があります。
借りたいDVDには数に限りがあり、すでに借りられている場合は無駄足になることもあります。

DVDを見終わった後は、返却期限内に返却しなければなりません。現在では宅配レンタルのサービスもありますが、返却の際は返却ポストまで行く必要があり、利用できる本数にも限りがあります。

動画配信サービスの場合は、インターネットに接続できる環境があればパソコンやスマホ、タブレットでも見ることができます。

見たい動画が配信さえしていればいつでも見ることができ、返却する手間もかかりません。

 

ポイント3.
本数で比較する

動画配信サービスも数多くの動画を配信するようになってきましたが、サービスの種類によってジャンルが偏っている場合が多いです。

また新作がすぐに配信されるわけではなく契約前の確認が必須となります。

それに比べDVDレンタルでは、ジャンルごとの本数も多く、特に新作に関しては動画配信サービスよりもはやく見ることができます。

人気の新作はタイミングが悪いとすべて借りられていることもありますが、最新の映画やドラマをより早く見たい場合は動画配信サービスよりもDVDレンタルの方がおすすめです。

 

ポイント4.
見やすさで比較する

DVDレンタルではDVDデッキやパソコンなど、再生するための器械が揃っていれば、綺麗で安定した画質で見ることができます。

まれに旧作などで、DVDに傷が入っていて再生しにくいこともありますが、その場合はレンタルショップに伝えると無料で新しいものに交換してもらえます。

動画配信サービスは、インターネットが使える環境であればどこでも見ることができますが、通信状態が悪い場所や地域では安定して見ることができず、途中で動画が動かなくなってしまうこともあります

特に移動中の車や電車で見ている場合には、通信状態が安定しないため、スムーズに動画を見れないことが多いです。
自宅のインターネットで見る場合は安定して見ることができますが、出先や移動中はあまりおすすめはできません。

 

最後に

料金や便利さでは動画配信サービス、本数や安定した画質ではDVDレンタルの方がおすすめという結果となりました。

それぞれ、メリットデメリットがあるので、自分にはどちらがおすすめかよく考えて利用するとよいと思います。

 

以上、
「映画はDVDレンタルと動画配信サービス、どちらにすべき?徹底比較」
でした。最後までお読みいただきありがとうございました。