音楽はダウンロードとCDレンタルどちらにすべき?徹底比較通勤通学、気分転換などでいつも音楽を聴いている方へ。

音楽はレンタルショップでCDを借りたり、携帯やパソコンでダウンロードしたりすることができますが、どちらの方がよいのでしょうか?

本記事ではそれぞれの特徴と違いについて説明していきます。

 

音楽はダウンロードとCDレンタルどちらにすべき?徹底比較

ポイント1.
費用で比較する

CDをレンタルショップでレンタルした場合、費用は新作のアルバムでもだいたい300円前後のところが多く、マキシシングルであれば100円前後で借りることができます。

一方、iTunesなどから音楽をダウンロードする場合には一曲あたり200円前後、アルバムを丸々ダウンロードする場合は2000円前後かかります。

単純に費用だけで比較した場合は、CDレンタルの方がダウンロードするよりもお得といえます。

ただし最近は月額定額料金を支払ってダウンロードし放題のサービスもあるので、大量にダウンロードする場合にはこのサービスを利用した方がお得になるかもしれません。

 

ポイント2.
手間で比較する

CDをレンタルする場合、まずは借りるためにレンタルショップに行く必要があります。
TUTAYAやGEOなどのレンタルショップが近くあれば通学や通勤のついでに寄ることができますが、レンタルショップが近くにない場合、わざわざ遠方まで出向いてCDを借りに行かなければなりません。

またCDをレンタルした以上、返却期限までに返却するという手間もかかってきます。

もし返却期限までに返却ができないと延滞料金を支払わなければならず、費用的にも大きな負担となり、CDの宅配レンタルサービスを利用すれば、多少手間は省けますが送料が別途かかってしまいます。

一方、音楽をダウンロードする場合、パソコンや携帯がありインターネットに繋がる環境があれば、いつでも好きな時にダウンロードすることができます。
返却する必要もないため、手間もかからず余計なストレスもありません。

音楽をダウンロードした方が、CDをレンタルするよりも手間はかからないといえます。

 

ポイント3.
曲数で比較する

CDレンタルショップの規模にもよりますが、小さな店舗では置けるスペースにも限界があり、あまり多くのCDを置けないところもあります。

店舗が大きいレンタルショップにはCDが多く置いているところもありますが、DVDのスペースやゲームコーナーなどのスペースもあるため、CDだけをメインに置けるわけではありません。
また、クラシックやジャズなどカテゴリーによっては品揃えが少ないケースもあります。

音楽をダウンロードする場合には、ダウンロードするコンテンツにもよりますが、多いところでは約3000万曲ほどの曲数があります。
そのため、昔の曲やマイナーな曲でもダウンロードすることが可能です。

曲数で比較した場合には、ダウンロードの方がCDレンタルよりも優れているといえます。

 

ポイント4.
定額ダウンロードの注意点

定額ダウンロードサービスは、曲数も多くさまざまなジャンルの音楽をダウンロードすることができますが、j-popの最新の曲や人気のアーティストの曲はダウンロードできないことがあります。

そのため、最新のj-popを早く聴きたい人には、ダウンロード定額サービスはあまりおすすめとはいえません。

CDのレンタルショップでは、最新の曲や人気のアーティストの曲は多く揃える傾向にあるため、いち早く曲を聴きたいときには、CDをレンタルした方がよさそうです。

定額サービスでない音楽ダウンロードでは、最新の曲や人気の曲もダウンロードできるため、こちらのサービスを利用するのもよいかもしれません。

ただし、定額でないダウンロードでは1曲ごとに費用が発生するため、多くの曲を入れたいときには費用面での注意が必要です。

 

最後に

音楽はダウンロードとCDレンタル、どちらにすべきかについてまとめてみました。

費用を抑えたい、または最新の曲をどんどん聴きたい場合にはCDレンタルの方がおすすめですが、利面性や曲の豊富さでは音楽ダウンロードの方に分があるのではないでしょうか。

 

以上、
「音楽はダウンロードとCDレンタル、どちらにすべき?」
でした。最後までお読みいただきありがとうございました。