借金返済のために頑張っていること健康のために運動したいけど、スポーツジムに会費を払う余裕が無い方へ。 お金をかけなくてもできる運動はたくさんあります。 本記事では、低コストで健康効果もある簡単な運動を4つ紹介します。  

お金をかけずに運動する方法4選

ポイント1. ウォーキングで全身運動しよう

ウォーキングは脚だけでなく、腰やお腹、腕など、ほぼ全身の筋肉を使います。 その中には大腿筋のように大きな筋肉も含まれています。 筋肉が鍛えられると基礎代謝が増えるので太りにくい体になり、さらには血行が良くなるので、体の老廃物が流れやすくなるのです。 そのため他の運動よりも少ない負担で、多くの健康効果を得ることができます。 一日の目安は8,000歩以上です。 階を移動する時にエレベーターではなく階段を使うなど、暮らしの中で積極的に歩く機会を増やしたいものです。 また、正しい姿勢を意識して歩くと、より効果が大きくなります。
  • 背筋を伸ばす(横から見た時、頭→肩→腰→膝→踝のラインが真っ直ぐになるように)
  • 足を膝から前に出し、踵から地面につけて、つま先から蹴り出す
  • 少し大股で早めに足を動かす
  • 肩の力を抜いて軽く腕を振る
ウォーキングシューズやウェアがあると快適ですが、歩くだけならお金はかかりません。 通勤する時に少し先の駅や停留所まで歩けば、交通費の節約にもなります。  

ポイント2. ストレッチで筋肉を柔軟にしよう

体の筋肉は、使っていないと次第に固まって柔軟性が失われていきます。 その状態で運動するとケガの原因になるので、事前にストレッチをします。 ストレッチによって筋肉がほぐれ、動かせる範囲が広くなるのです。 同時に血行も良くなるので、筋肉痛の予防になるだけでなく、コリの緩和も期待できます。 ラジオ体操もストレッチの一種です。 ストレッチには、体の内側にある「コア・マッスル」を鍛えられるメリットもあります。 コア・マッスルは内臓や骨を支え、体のバランスを整えてくれます。 ヨガのように腹式呼吸を取り入れながら、ゆっくり動かすと、ちょっとした有酸素運動になるでしょう。 動きやポーズによっては、滑り止めのマットや体を支えるブロック、チューブがあると便利ですが、無くても十分な効果があります。 動きやすい服装をしていれば、他にお金をかける必要はありません。  

ポイント3. 公営の運動施設を利用しよう

都道府県や市町村の運動施設は、ほとんどが1回数百円程度で利用できます。 プールもトレーニングルームも、ジムに通うよりはずっと安価です。 ランニング用の通路を設けている体育館もあります。 ウォーキングもストレッチも健康維持には役立ちますが、筋肉を増やしたり、ダイエット効果を期待したりするには、心拍数を上げる強度の高い運動が必要です。 ただし、ケガをするリスクも大きくなります。 その点、公営の運動施設なら環境が整っています。 天候や外気温に左右される心配もありません。 毎日通うのは金銭的にも体力的にも負担になります。 普段はウォーキングやストレッチを習慣にして、目的に応じて週に1~3回通うのが、ちょうど良いペースです。  

ポイント4. ダンベルで強度の高い運動をしよう

近くに公営の運動施設が無い場合は、「ダンベル」を使って強度の高い運動ができます。 初期費用はかかりますが、全身の筋肉を鍛えられます。 鍛え方はインターネット上でたくさん見られます。 最初のうちはペットボトルに水を入れて代用しても構いません。 ただし、意外と早く物足りなくなって、それ以上の重さが必要になるでしょう。 理想的なダンベルの条件は以下のとおりです。
  • それぞれの手に持てるように2つ用意する。
  • 最大重量は1つにつき、男性なら20㎏、女性なら10㎏。
  • 重りの付け外しが可能で、細かく重さを調節できる。
  • 床に着く部分がゴムで覆われていて、傷を防止できる。
2つで5千円から1万円くらいで購入できます。 半年も続けると筋肉が増えて、体形が変わってきます。 元も十分に取れるでしょう。  

最後に

  1. 日常生活の中で体を動かす機会を増やす。
  2. お金をかけずに運動できる場所は意外と多い。
  3. 道具を使うと、より本格的な運動ができる。
ケガをしたり、病気をしたりすると治療費や薬代がかかります。 運動をすれば体が鍛えられ、血行が良くなり、ストレスも解消されます。 結果としてお金の節約にもなるのです。 まずは一日数分でもできる運動から始めてみましょう。   以上、 「お金をかけずに運動する方法4選」 でした。最後までお読みいただき、ありがとうございました。