レンタカーを安く借りたい方へ。

滅多に利用するものじゃないけど、どうせ借りるなら出費を抑えたい!

本記事では、シーズンを問わず、いつでもお得になるレンタカーの借り方を5つ紹介します。

 

 

レンタカーを安く借りる5つのテクニック

テクニック1.
レンタカーの比較サイトを利用しよう

多くの旅行予約サイトでは、レンタカーの料金を比較できるページがあります。

  • じゃらん
  • 楽天トラベル
  • 日本旅行

地域や使用日時、希望車種などを入力すると、登録されているレンタカー会社の中から条件に合う車の詳細情報が表示されるのです。

料金の安い順に並び替えれば、どこが安いのか一目瞭然です。2倍ほど差がつく場合もあります。

ただし割引料金が適用されるのは、そのサイトの会員になって申し込んだ場合がほとんどです。

時には期間限定や先着順で配布される、クーポンの使用が条件に含まれていることもあります。
会員になれば利用に応じてポイントが貯まりますが、レンタル会社の会員サービスとは併用できない可能性があるので、利用時にはよく確認しましょう。

 

テクニック2.
ツアーや交通機関のオプションで借りよう

旅行会社が組むツアーの中には、レンタカーをセットで借りられるオプションがあります。
主に現地へ到着してから自由に行動できる「フリープラン」や、車が無いと移動に不自由する観光地のツアーに多いようです

旅行の申込だけで、現地で調達する手間を省けます。一般的に参加人数が多くなるほど、レンタカーの料金はお得です。

JRでも、地域ごとに指定の往復割引切符の購入で自社系列のレンタカー会社を安く利用できるサービスを提供しており、通常料金より40%ほど安くなります。

ただし、これらのサービスは車種を指定(主にコンパクトカー)されている場合が多く、それ以外の車は借りられないか追加料金がかかるので、その点は注意が必要です。

 

テクニック3.
大手のレンタカー会社の会員になろう

大手のレンタカー会社は、会員になると料金の割引サービスを受けられるようになります。主なサービスは以下のとおりです。

社名(制度名) 割引率
トヨタレンタカー(ラク楽eメンバー) 5~35%
タイムズカーレンタル(タイムズクラブ) 10~25%
ニッポンレンタカー(スーパーレッドメンバー) 5~15%

いくつか共通点を挙げると、

  • 特定の支払方法(指定のクレジットカードなど)で大きく割引される
  • インターネットからの予約で割引される
  • 車種を指定しなければ割引される(クラスまでは指定できる)

以上の点が挙げられます。
また、会社の指定する方法で申し込むほど割引率は大きくなります。

他にもポイントの付与や提携施設の割引サービスもある(トヨタレンタカーを除く)ので、頻繁に利用するのであれば、加入していた方が絶対にお得です。

 

テクニック4.
クレジットカードで決済しよう

大手のレンタカー会社の決済方法にクレジットカードを選ぶと、

  • レンタカーの料金が割引になる
  • クレジットカードのポイントと二重取りできる

という優待制度があります。特に両社が提携関係にあれば、ポイントの還元率はさらに大きくなるのです。JALやANAのようにマイルで還元するクレジットカードもあります。海外では、最大の規模を誇るレンタカー会社「Hertz(ハーツ)」が多くのクレジットカード割引に対応しています。

一般的に大手になるほど、レンタカーの料金はクレジットカード決済が原則であり、現金で支払うには身分証明書が必要になるなど、手間がかかります。お得でスムーズにレンタカーを使うためにも、積極的に利用しましょう。

 

テクニック5.
地域のレンタカー会社に注目しよう

レンタカーは大手だけでなく、地域のガソリンスタンドや中古車販売会社など、規模の小さい業者も提供しています。
大手と比較すると、料金は通常でも30~50%ほど安くなり、使用時間による料金設定が細かいなど、使い勝手も優れています

一方で提供されるのは走行距離が10万kmを超えるような年式の古い車が多く、車種も選べません。

また大手では標準で備え付けられるカーナビがオプションになっている場合もあり、利用方法によっては割高になる可能性もあります。
遠方であるほど評判が伝わりづらいので、車の傷など万が一のトラブルが発生した時の対応が不安です。

こうした情報に詳しい地元の人なら、有効に活用できるサービスと言えるでしょう。

 

最後に

  1. 比較サイトで料金が安いところを調べる
  2. ツアーや交通機関とセットで利用する
  3. よく利用するレンタカー会社の会員になる
  4. クレジットカードは必須
  5. 小規模のレンタカー会社は地元向け

これらの方法を活用すれば、季節に左右されず、いつでもお得にレンタカーを利用できます。

ただし安さを優先すると、車種を選べないなど何らかの制限があります。

特に旅行中は慣れない道路を走るので、運転しづらい車を選ぶと疲れるだけでなく、事故を起こす確率も高くなります。

自分に負担をかけない範囲で最良の選択をしましょう。

 

以上、
「レンタカーを安く借りる5つのテクニック」
でした。最後までお読みいただき、ありがとうございました。